資産×キャリア×恋愛の選択肢を広げるメディア

債券

仕組債のからくりとは?売れる理由とおすすめできる人を解説

仕組債はトラブルが多く見受けられる半面、リターンの大きい債券として知られています。からくりが気になる方も多いのではないでしょうか。

今回は仕組債の概要・売れる理由・おすすめできる人を解説していきます。

仕組債とは

仕組債は、通常の債券には見受けられない仕組みを持つ債券です。

具体的には、スワップやオプションといった金融派生商品の活用によって、投資家や発行者の需要に応じたキャッシュフローを生み出します。

50万円ほどから仕組債の商品を販売している証券会社があり、ある程度まとまった資金がある方が検討しやすい金融商品です。

条件が複雑でリスクがあるため、仕組み債をめぐるトラブルは多いといわれており、金融知識や投資経験が豊富な方に適した債券です。特に富裕層から人気が高い金融商品として知られています。

損をしないように仕組みを理解して検討することが重要だといえるでしょう。

仕組債のからくり(中身)

仕組債は基本的に海外の金融機関が発行し、アレンジャーが投資家の需要を把握して仕組債の組成を調整します。

アレンジャーが仕組債を販売するケースもありますが、基本的に日本国内で販売会社が仕組債を外国債券として販売する流れです。

通常の国債や社債は金利や元本の返済額などが固定されています。その一方で、仕組み債は金融派生商品を活用した仕組みが加わるので、受取額が株価といった金融相場で変動してしまいがちです。

したがって、仕組み債は株価などが一定以上下落すると、元本割れしてしまう恐れがあります。

仕組債がやばいと言われる理由

仕組債は何かとトラブルがつきない債権として知られています。仕組債がやばいと言われる理由を解説していきます。

リスクが大きい

仕組み債は預貯金とは違って元本が保証されません。

中には、あらかじめ決められた株価等の水準を下回るノックインによって、保有している商品の価額が3分の1になってしまったというケースも見受けられます。

そのほか、仕組債の紛争の事例も多く知られており、数千万円の損害賠償が求められるケースもあります。

債務不履行が発生する可能性がある

仕組債ではアレンジャーやデリバティブ取り引きのカウンターパーティなどに債務不履行事由が発生して、損害が生じる恐れがあります。

そのほか、一般的な債権に共通する信用リスクもあり、発行者の倒産によって債権の利払いや元本の償還が行われなくなるケースもあるので注意してください。

それでも仕組債が売れる理由

仕組債のリスクをお伝えしましたが、それでも仕組債が売れるのはなぜでしょうか? 理由についても解説していきます。

リターンが大きい

債券といえばローリスク・ローリターンの金融商品という印象を持つかもしれません。その点、仕組債は高い利率を設定できる投資商品として知られています。

株価などが極端に低下しなければ、5%~10%の金利になるといわれています。場合によっては20%以上の利回りになることもあるようです。

リスクが高い分、リターンの大きい点が仕組み債が売れる理由なのでしょう。

自由に商品を組成できる

金融派生商品によって、満期や利子、償還金などを投資家や発行者の需要に応じて自由に設定しやすいことも理由です。

ほとんどの仕組債にはオプション取引が組み込まれており、オプションの売手はその価値の分だけお金を受け取れます。

仕組債をおすすめできる人

仕組み債をおすすめできる人をまとめてみます。

外国証券取引に抵抗がない方

仕組債による資産運用では、外貨建て債券を取り扱うことがあり、為替水準によって元本割れが生じるケースがあります。

また、仕組債の取り引きにあたって、外国証券取引口座の開設を求める証券会社も珍しくありません。外国証券取引に抵抗がある方でないとハードルが高いといえるでしょう。

金融知識が豊富かつリスク許容度が高い人

商品の基本的な仕組みが複雑なので、投資初心者ではリスクが特に大きくなるといえるでしょう。にも関わらずリスクの説明が不充分な商品もあります。

その点をふまえると、リスクを正確に把握できる金融知識を持っていて、なおかつリスク許容度が高い方が仕組債の運用が適しているといえるでしょう。

ハイリターンにつられて、投資初心者がやみくもに手を出さないように注意が必要です。

まとめ

以上、仕組債の概要や売れる理由、おすすめできる人などについて解説しました。

リスクが高い分、ハイリターンの金融商品であることがおわかりいただけたでしょう。

ただ、仕組みが複雑であることには変わりなく、活用を検討しづらいと思った方もいるかもしれません。

もし仕組債についてさらに詳しいメリットやデメリットなどを知りたい場合、金融の専門家に相談してみることをおすすめします。

  • 執筆者
  • 執筆者のプロフィール
MY OPTION編集部

資産×キャリア形成メディア「MY OPTION」編集部です。 大手証券会社、総合商社、メガバンク出身者などで構成されています。

  1. 【最新版】メタルワンの事業内容・強みと弱み・平均年収を解説

  2. 広告マン(電通・博報堂)がモテる3つの理由と合コン事情を解説

  3. 【FP解説】変額保険は何歳まで加入するべき?老後資金が準備できるのか?

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

PAGE TOP