地方銀行の預金残高ランキングと上位行の特徴を解説

当ページのリンクには広告(プロモーション)が含まれている場合があります。
地方銀行の売上高ランキングと上位行の特徴を解説
スクロールできます
編集部おすすめの転職サービス
サービス名







おすすめ度
対象年代20〜50代20~50代20~50代20代後半~40代前半20~50代20~30代20~50代20代
得意業界全業種・全職種営業、コンサル、ITマネジメント、専門職IT、Web金融、コンサル全業界技術職、営業ハイクラス
サポート内容書類添削・面接対策
担当アドバイザー
個別ミーティングレジュメ添削
面接対策
キャリア相談
面接対策・書類添削
面接対策履歴書・ESの添削
転職手続きの代行
履歴書・職務経歴書の添削
面接トレーニング
「DiSC」による行動特性を分析
求人掲載数60万件以上50万件以上25,000件21.420件20,000件219,900件23,000件非公開
公式サイト詳細情報詳細情報詳細情報詳細情報詳細情報詳細情報詳細情報詳細情報

地域密着型の金融サービスを提供できるとして、地方銀行が例年人気の就職先となっています。

一口に地方銀行といっても各行それぞれ特徴がある一方で、業績の良い地方銀行には共通点も見られます。

そこでこの記事では、銀行の信用力を示す預金残高を指標として、地方銀行の預金残高ランキングと業績の良い地方銀行の共通点をお伝えします。

地銀への就職、転職に興味のある方は是非ご参考ください。

業界出身のコンサルタントが転職をサポート

目次

地方銀行預金残高ランキング

順位銀行名預金(億円)貸出金(億円)
1横浜銀行173,184134,543
2埼玉りそな銀行165,50182,941
3千葉銀行147,876116,913
4福岡銀行130,398116,413
5静岡銀行114,16595,337
6北洋銀行105,70574,205
7常陽銀行100,53967,674
8西日本シティ銀行93,34982,360
9広島銀行87,51169,655
10七十七銀行86,20553,402
引用元:金融庁|中小・地域金融機関情報一覧

地方銀行上位10行の特徴

次に、預金残高ランキングTOP10位の地方銀行の特徴を解説していきます。

1位:横浜銀行

横浜銀行は、神奈川県横浜市西区に本店を置く、コンコルディア・フィナンシャルグループ傘下の大手地方銀行です。

日本屈指の経済都市である神奈川県の顧客基盤や、東南アジア進出支援に強みを持つ有力地銀です。

会社名株式会社横浜銀行
代表者片岡 達也(代表取締役頭取)
所在地神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目1番1号
社員数4,455名(2022年3月)
会社HPhttps://www.boy.co.jp/
あわせて読みたい
【最新版】横浜銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収を解説 この記事では、横浜銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収をお伝えします。 横浜銀行などの銀行業界への就職・転職を考えている方の参考になれば幸いです。 【横浜銀行...

2位:埼玉りそな銀行

埼玉りそな銀行は、埼玉県さいたま市浦和区に本店を置く、りそなホールディングス傘下の地方銀行です。

埼玉県の高いシェアと、りそなグループの基盤を強みとしています。

会社名株式会社埼玉りそな銀行
代表者福岡 聡(代表取締役社長)
所在地埼玉県さいたま市浦和区常盤七丁目4番1号
社員数3,165名(2021年3月)
会社HPhttps://www.saitamaresona.co.jp/

3位:千葉銀行

千葉銀行は、千葉県千葉市中央区に本店を置く地方銀行です。

有力地方銀行で構成されている「TSUBASAアライアンス」の一員でもあります。

千葉県で40%を超えるシェアと、DX推進体制を強みとしています。

会社名株式会社千葉銀行
代表者米本 努(取締役頭取)
所在地千葉県千葉市中央区千葉港1-2
社員数4,236名(2021年3月)
会社HPhttps://www.chibabank.co.jp/
あわせて読みたい
【最新版】千葉銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収を解説 今回は千葉銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収をお伝えします。 千葉銀行の就職・転職に興味のある方の参考になれば幸いです。 【千葉銀行とは】 千葉銀行は、千葉県...

4位:福岡銀行

福岡銀行は、福岡県福岡市中央区に本店を置く、ふくおかフィナンシャルグループ傘下の地方銀行です。

九州地方でのNo1シェアと、ふくおかフィナンシャルグループのソリューションの幅広さを強みとしています。

会社名株式会社福岡銀行
代表者五島 久(取締役会長兼頭取)
所在地福岡市中央区天神二丁目13番1号
社員数3,542名(2022年3月時点)
会社HPhttps://www.fukuokabank.co.jp/
あわせて読みたい
【最新版】福岡銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収を解説 今回は福岡銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収をお伝えしていきます! 福岡銀行への就職・転職を目指している方の参考になれば幸いです。 【福岡銀行とは】 福岡銀行...

5位:静岡銀行

静岡銀行とは、静岡県静岡市葵区に本店を置く地方銀行であり、三大地方銀行の一つとして知られています。

静岡県での圧倒的なシェアとシステム投資への積極性が強みの地方銀行です。

会社名株式会社静岡銀行
代表者柴田 久(取締役頭取)
所在地静岡県静岡市葵区呉服町1丁目10番地
社員数2,618名(2022年4月)
会社HPhttps://www.shizuokabank.co.jp/
あわせて読みたい
【最新版】静岡銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収を解説 この記事では、静岡銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収・転職などを発信していきます。 静岡銀行への就職・転職に興味のある方の参考になれば幸いです。 【静岡銀行...

6位:北洋銀行

北洋銀行は、北海道札幌市に本店を置く地方銀行です。

北海道での高いシェアと、不良債権比率の低さを強みとしています。

会社名株式会社北洋銀行
代表者安田 光春(取締役頭取)
所在地札幌市中央区大通西3丁目7番地
社員数2,542名(2022年4月)
会社HPhttps://www.hokuyobank.co.jp/
あわせて読みたい
【最新版】北洋銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収を解説 この記事では、北洋銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収・転職などを発信していきます。 【北洋銀行とは】 北洋銀行は、北海道札幌市に本店を置く地方銀行です。 会社...

7位:常陽銀行

常陽銀行とは、茨城県水戸市に本店を置く地方銀行です。

2016年10月1日付で、めぶきフィナンシャルグループとの株式交換により同社の完全子会社になりました。

茨城県での高いシェアと、豊富なソリューションを強みとしています。

会社名株式会社常陽銀行
代表者秋野 哲也(取締役頭取)
所在地茨城県水戸市南町2丁目5番5号
社員数3,213名(2022年3月)
会社HPhttps://www.joyobank.co.jp/
あわせて読みたい
【最新版】常陽銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収を解説 この記事では、常陽銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収をお伝えします。 【常陽銀行とは】 常陽銀行とは、茨城県水戸市に本店を置く地方銀行です。 2016年10月1日付...

8位:西日本シティ銀行

西日本シティ銀行とは、2004年に西日本銀行と福岡シティ銀行が合併して誕生した地方銀行です。

現在は西日本フィナンシャルホールディングスの中核企業として、九州地方を中心に金融ビジネスを展開しています。

九州地域の顧客基盤と、専用アプリのダウンロード数を強みとしています。

会社名株式会社西日本シティ銀行
代表者村上 英之(取締役頭取)
所在地福岡市博多区博多駅前三丁目1番1号
社員数3,493名(2022年3月)
会社HPhttps://www.ncbank.co.jp/
あわせて読みたい
【最新版】西日本シティ銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収を解説 この記事では西日本シティ銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収をお伝えします。 西日本シティ銀行の就職・転職に興味のある方の参考になれば幸いです。 【西日本シテ...

9位:広島銀行

広島銀行とは、広島県広島市中区に本店を置く地方銀行です。

広島県での圧倒的なシェアと、グループ会社のサービスの幅広さを強みとしています。

会社名株式会社広島銀行
代表者清宗 一男(代表取締役頭取)
所在地広島市中区紙屋町一丁目3番8号
社員数3,357名(2022年3月)
会社HPhttps://www.hirogin.co.jp/
あわせて読みたい
【最新版】広島銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収を解説 この記事では、広島銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収をお伝えします。 【広島銀行とは】 広島銀行とは、広島県広島市中区に本店を置く地方銀行です。 会社名株式会...

10位:七十七銀行

七十七銀行とは、宮城県仙台市に本店を置く大手地方銀行です。

1878年12月に77番目の銀行として、前身である第七十七国立銀行が設立されました。その名前を引き継いで現在に名称に至ります。

宮城県での顧客基盤と商品ラインナップの充実度を強みとしています。

会社名株式会社七十七銀行
代表者小林 英文(取締役頭取)
所在地仙台市青葉区中央三丁目3番20号
社員数2,673名(2022年3月)
会社HPhttps://www.77bank.co.jp/
あわせて読みたい
【最新版】七十七銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収を解説 今回は七十七銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収・学歴フィルターなどをお伝えします。 【七十七銀行とは】 七十七銀行とは、宮城県仙台市に本店を置く大手地方銀行...

業績の良い地方銀行の共通点

これまでご紹介した地方銀行は、預金残高トップクラスなだけあって業績も好調です。

調べていくと、業績の良い地方銀行には次の3つの共通点があることがわかりました。

【業績の良い地銀の特徴】

  • 有力都市で高いシェアを誇る
  • デジタル戦略に積極的
  • 銀行業以外にも取り組んでいる

有力都市で高いシェアを誇る

業績の良い地方銀行の特徴としては、神奈川県や静岡県のような、経済力のある地域で高いシェアを誇っていることが挙げられます。

既述した上位10行はいずれも地域シェア20〜40%(貸出残高、預金残高、メインバンク割合のいずれか)を握っており、地元では高いプレゼンスを保っています。

全国レベルやグローバルレベルで見ればメガバンクには勝てませんが、地域経済においてはメガバンクと同等、もしくはメガバンク以上の影響力を持っているため、今後も安定した収益を見込むことができるでしょう。

ピンチなのは、得意地域ですらシェアを握れない一部の第2地銀や信用金庫です。統廃合が進んでいますから。

デジタル戦略に積極的

デジタル戦略に積極的であることも、好業績を叩き出している地方銀行の特徴です。

地方銀行は店舗家賃や人件費などの固定費削減が課題であるなかで、生産性向上に寄与するデジタルサービスの開発・浸透は急務です。

横浜銀行は、店頭にサービス案内タブレットを置くことで業務効率化を図っていますし、静岡銀行や北洋銀行は専用アプリを提供してWEB申込の普及を目指しています。

企業体質をスリムにしながら、収益性を高めていくためにデジタル技術の導入は必要不可欠であるため、デジタル投資を積極的に行っている地方銀行は今後も生き残ってくるでしょう。

銀行業以外にも取り組んでいる

銀行業以外のサービスを提供している地方銀行は、幅広いビジネスチャンスを捉えることができるため、高い売上高を誇っています。

「銀行=融資をする会社」ではなく「銀行=地域経済の何でも屋(地域商社)」として活動することで、機会損失を生むことなく顧客満足度を高めることができるのです。

横浜銀行では、証券やリースなどの金融ソリューションだけでなく、グループ会社を通じてビジネスマッチングや不動産活用など非金融ソリューションも提供しています。

今では銀行サービスのみを提供している地方銀行は少なく、グループ会社や提携先と連携して銀行以外のビジネスにも挑戦しています。

総合ソリューション経営がしっかりと機能しているかは銀行によってまちまちですが、業績の良い地方銀行は部門横断的なサービスを開発したり、自社アプリを通じてお問い合わせ窓口を設けたりするなど、積極的に幅広い相談チャネルを設けています。

まとめ

ネット銀行の浸透や地方人口の減少によって、地方銀行はピンチだと言われています。

しかし、地域の金融インフラとして間違いなく不可欠な存在でありながら、今では地域商社として金融以外で幅広いソリューションを提供しています。

待遇も良いですし高い金融リテラシーと豊富な人脈を形成できるため、キャリアに悩んでいる方は地方銀行を目指してみはいかがでしょうか。

地方銀行のなかでも今回ご紹介した上位10行は特に待遇が良く、顧客基盤もあるためブランディング力を生かした営業が可能です。就職先としておすすめするならこの10行でしょう。

業界出身のコンサルタントが転職をサポート

サービス名JCAリクルートメントリクルートダイレクトスカウトレバテックキャリアコトラdodaヒューレックス
おすすめ度[sbd_rate 4.5][sbd_rate 5.0][sbd_rate 5.0][sbd_rate 5.0][sbd_rate 3.5][sbd_rate 3.5]
対象年代20〜50代20〜50代20代後半〜40代前半20〜50代20〜30代20〜50代
得意業界ハイクラスハイクラスIT /Webハイクラス金融、コンサル全業界地方金融機関
サポート内容ES添削、面接対策スカウトES添削、面接対策ES添削、面接対策ES添削、面接対策、スカウトES添削、面接対策
おすすめの人キャリアアップを目指す人高年収求人を見たい人年収を上げたい人金融専門職を目指す人丁寧なサポートを受けたい人地方の転職をしたい人
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

厳選!絶対登録すべき転職サイトとエージェント

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次