【最新版】新生銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収を解説

当ページのリンクには広告(プロモーション)が含まれている場合があります。
スクロールできます
編集部おすすめの転職サービス
サービス名







おすすめ度
対象年代20〜50代20~50代20~50代20代後半~40代前半20~50代20~30代20~50代20代
得意業界全業種・全職種営業、コンサル、ITマネジメント、専門職IT、Web金融、コンサル全業界技術職、営業ハイクラス
サポート内容書類添削・面接対策
担当アドバイザー
個別ミーティングレジュメ添削
面接対策
キャリア相談
面接対策・書類添削
面接対策履歴書・ESの添削
転職手続きの代行
履歴書・職務経歴書の添削
面接トレーニング
「DiSC」による行動特性を分析
求人掲載数60万件以上50万件以上25,000件21.420件20,000件219,900件23,000件非公開
公式サイト詳細情報詳細情報詳細情報詳細情報詳細情報詳細情報詳細情報詳細情報

この記事では、新生銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収・学歴フィルターなどをお伝えしていきます。

銀行を目指す学生や、新生銀行への転職を目指す方は是非ご参考ください。

目次

新生銀行とは

新生銀行とは、東京都中央区に本社を置く、SBIホールディングス傘下の銀行です。

会社名株式会社新生銀行
代表者川島 克哉(代表取締役社長)
所在地東京都中央区日本橋室町2-4-3 日本橋室町野村ビル
社員数2,281名(2022年3月)
会社HPhttps://www.shinseibank.com/
金融業界おすすめの転職サービス3選

金融、コンサル、IT、製造業界を中心としたハイクラス転職支援サービス
公式サイトへ

外資系・日系グローバル企業への転職を目指す方のためのサポートに特化
公式サイトへ

外資系の企業への転職におすすめできるサイト
公式サイトへ
金融業界おすすめ転職サービス

\ 金融業界おすすめの転職サービスをチェック /

あわせて読みたい
【厳選】金融業界におすすめの転職サイト・エージェント6選! 転職活動において、自分に合った転職サイト・エージェントを見つけることは必要不可欠です。 しかし、転職サイト・エージェントは数え切れられないほどあり、どの会社が...

新生銀行の業務内容

新生銀行の業務内容を見てきましょう。

【新生銀行の業務内容】

  • リテールバンキング業務
  • コンシューマーファイナンス業務
  • 資金運用業務
  • 資金調達業務
  • バランスシート改善業務
  • リスクヘッジ業務

リテールバンキング業務

リテールバンキング業務では、住宅ローンや投資信託など、個人の資産形成、資産運用に関する商品を扱います。

銀行の窓販業務はリテールバンキング業務の一部であり、個人ユーザーが触れるサービスを総合的に取り扱っています。

コンシューマーファイナンス業務

コンシューマーファイナンス業務では、各種ローンやクレジットカードなど、個人の資金調達に役立つ商品を提供しています。

  • 個人向け無担保ローン
  • 信販/クレジットカード
  • 不動産担保ローン

レイク、アプラスなどのブランドで各種ローン商品を販売しています。

資金運用業務

資金運用業務では、法人顧客の資金運用ニーズに合わせ、金利、為替、株、クレジット市場に関するデリバティブ内包型預金や、私募投信などを提供します。

資金調達業務

資金調達業務では、法人顧客の多様な資金調達ニーズに応えるべく、通常の資金融資に加え、シンジケートローン、ノンリコースローンなど、様々な融資サービスを提供しています。

  • コーポレートローン
  • シンジケートローン
  • 買収ファイナンス
  • ヘルスケアファイナンス
  • 船舶ファイナンス
  • ベンチャー企業向けファイナンス
  • プロジェクトファイナンス

なかでもプロジェクトファイナンスは新生銀行の強みであり、組成実績は銀行の中でもトップクラスです。

バランスシート改善業務

バランスシート改善業務では、クレジットトレーディングを活用した貸付、債権・金銭債権の買取、企業再生アドバイザリーなど、バランスシートの改善に向けたオーダーメイドのソリューションを提供します。

リスクヘッジ業務

リスクヘッジ業務では、先物為替予約、海外送金などの基本サービスのみならず、適切なマーケット情報や各種ヘッジアイデアを経験豊富なカスタマーディーラーが直接提供します。

新生銀行の強み

次に、新生銀行の強みと弱みを見ていきます。

強みから見ていきましょう。

ストラクチャードファイナンスの実績

新生銀行の強みとして、ストラクチャードファイナンスの実績が挙げられます。

様々な資金調達ニーズに応えるために、不動産ファイナンスや再生可能エネルギーなどプロジェクトファイナンスを実行しています。

年間約2兆円の実績がある新生銀行のストラクチャードファイナンス部隊は、メガバンクに劣らない機動性と商品力を有しています。

資金調達ニーズが多様化するなかで、ストラクチャードファイナンスの需要は引き続き強くなると言われていますので、同分野に強みを持つ新生銀行の優位性も当面は維持されると言えます

SBIグループのシナジー

新生銀行は2021年末に大手金融グループのSBIホールディングスの傘下に入りました。

SBIが誇る証券、保険、ファンド関連部門と密に連携できるようになったため、新生銀行としてはビジネスの一層の拡大が見込まれます。

出典:新生銀行|2021年通期決算概要

業界トップクラスの銀行基盤をクロスセルできる環境が整ったため、収益力の向上が期待できるでしょう。

金融業界おすすめの転職サービス3選

金融、コンサル、IT、製造業界を中心としたハイクラス転職支援サービス
公式サイトへ

外資系・日系グローバル企業への転職を目指す方のためのサポートに特化
公式サイトへ

外資系の企業への転職におすすめできるサイト
公式サイトへ
金融業界おすすめ転職サービス

\ 金融業界おすすめの転職サービスをチェック /

あわせて読みたい
【厳選】金融業界におすすめの転職サイト・エージェント6選! 転職活動において、自分に合った転職サイト・エージェントを見つけることは必要不可欠です。 しかし、転職サイト・エージェントは数え切れられないほどあり、どの会社が...

新生銀行の弱み

中途半端なポジションニング

新生銀行の弱みとしては、銀行としての中途半端なポジションニングが挙げられます。だからこそ、SBIも買収したのでしょう。

メガバンクには顧客基盤もリーチも及ばず、地方銀行ほど機動性も地位密着度もないことを踏まえると、新生銀行でないといけない理由が見当たりません。

とはいえ、SBIの仲間入りしたことで、この点は多少解消されると思いますので、新生銀行とSBIの早期シナジーの発揮がポイントと言えそうです。

金利環境の悪さ

金利環境の悪さも新生銀行の弱みです。

新生銀行に限らず金融業界全体に言えることですが、日本は近年金利が絶望的な水準で推移しているため、貸出収益が低い水準が続いてしまっています。

こればっかりはマクロ経済要因なのでどうしようもないですが、従来の銀行ビジネス以外の収益源が必要となってくるでしょう。

新生銀行の平均年収

有価証券報告書でみる平均年収

新生銀行が公表している有価証券報告書に平均年収の記載があります。

【新生銀行の平均年収(有報)】

  • 平均年収:7,741,000円
  • 平均勤続年数:12.2年
  • 平均年齢:42.6歳

引用元:新生銀行|有価証券報告書2022

有価証券報告書によると、新生銀行の年収は788万円であることが分かります。地方銀行の中ではトップクラスの水準です。

口コミサイトでみる平均年収

次に、口コミサイトのOpenWorkで新生銀行の平均年収をみてみましょう。

【新生銀行の平均年収(口コミ)】

回答者の平均年収:806万円

引用元:OpenWork(2022年9月13日)

多くの企業では有報の平均年収より口コミの平均年収の方が低いのですが、新生銀行は反対です。

本当に高い給与を与えている証左だと言えます。

年収・賞与について

賞与や年1回。総合職と事務職で財源が異なる。総合職は波があるが、事務職は⼤体⼀定。退職⾦が⼿厚い。給料の2割相当分が会社負担で積⽴てられる。確定給付型で、年4.5%と破格の利回りがある。持株会制度がある。掛け⾦の1割相当を会社が追加してくれる。公的資⾦が返済できていない割に⼿厚い。

若いうちは、⽇系の同業他社と⽐べてもかなり⾼い⽅だと思われる。ただし、⾼待遇の源泉は⻑時間労働の対価によるものであり、時間給に直すとそれほど⾼いわけでもないという印象。シニアマネジメント層についても、聞く話では次⻑クラスまでは相応に貰える印象。

新卒の⽅が昇進に若⼲有利。最近は⼥性の昇進が有利になった気がする。営業成績と賞与は連動してはいるが成績上位者とそれ以外の差異は証券会社ほどはない。各種⼿当は業界最⾼⽔準レベルに⾼いと思う。

新生銀行の新卒採用

新生銀行の新卒採用事情についてみていきます。新卒で新生銀行を目指す学生はご参考ください。

募集職種

イノベーターコース仕事を新規創出できる人材を採用
データサイエンティストコースビッグデータを活用できる人材を採用
金融エキスパートコースバンカーとしてキャリアを築きたい人を採用
ストラクチャードファイナンスコースストラクチャードファイナンスのプロを目指したい人を採用
資産運用コース資産運用コンサルタントを目指したい人を採用
事務オペレーションコース金融ビジネスのインフラ業務を担いたい人材を採用
システムコース金融システムの構築、運営に携わりたい人を採用

採用フロー

【新生銀行の採用フロー】

  • ES提出
  • 説明会
  • 面接
  • 内々定

初任給・福利厚生

【新生銀行銀行の初任給】

  • イノベーターコース:600,000円(※有期雇用契約)
  • データサイエンティストコース:350,000円
  • 金融エキスパートコース:230,000円
  • ストラクチャードファイナンスコース:230,000円
  • リース・ソリューションビジネスコース:全国型/地域型ともに230,000円
  • 資産運用コンサルタントコース:全国型/地域型ともに230,000円
  • クレジットビジネスコース:全国型230,000円 / 地域型190,000円
  • コンシューマーファイナンスコース:245,000円
  • 事務オペレーション・センターコース:新生銀行採用者230,000円/アプラス採用者190,000円
  • システムコース : 新生銀行採用者230,000円/新生フィナンシャル採用者245,000円
生活関連制度住宅手当、住宅関連補助
休暇関連制度完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始、年次有給休暇等
資産関連制度財形貯蓄、従業員持株会、退職金制度

採用大学・学歴フィルター

新生銀行は国立大学、早慶MARCH、関関同立の採用実績が多いです。

東京大学、京都大学、東京工業大学、一橋大学、北海道大学、東北大学、大阪大学、九州大学、慶應義塾大学、早稲田大学、明治大学、中央大学、法政大学、青山学院大学、神戸大学、同志社大学、関西学院大学、立命館大学、関西大学

リクナビ2021「株式会社新生銀行」

採用している大学は、学歴フィルターを設けていると言えるレベルの大学ばかりです。

メガバンクレベルの学歴フィルターを設けていると言えるでしょう。

新生銀行への転職

次に、新生銀行への転職を目指す方に向けて、同社のキャリア採用情報をお伝えします。

中途採用での募集職種

クラウドエンジニア現行システムのクラウドへの移行を実現するための設計の標準化
ネットワークエンジニアITサービスのネットワークの保守運用、老朽化対応や運用最適化の立案と推進
金融システム開発顧客チャネル系システム担当チームとして、チームスタッフを管理しながらシステム開発・保守を遂行

他にも多くの部門部署で中途採用を募集しているので、新生銀行への転職を目指す方は後述する転職サービスを利用すると良いでしょう。

金融業界おすすめの転職サービス3選

金融、コンサル、IT、製造業界を中心としたハイクラス転職支援サービス
公式サイトへ

外資系・日系グローバル企業への転職を目指す方のためのサポートに特化
公式サイトへ

外資系の企業への転職におすすめできるサイト
公式サイトへ
金融業界おすすめ転職サービス

\ 金融業界おすすめの転職サービスをチェック /

あわせて読みたい
【厳選】金融業界におすすめの転職サイト・エージェント6選! 転職活動において、自分に合った転職サイト・エージェントを見つけることは必要不可欠です。 しかし、転職サイト・エージェントは数え切れられないほどあり、どの会社が...

有利になる資格

新生銀行へ転職するにあたって有利になる資格は次の通りです。

資格名有利になる理由
銀行業務検定銀行業務に必要な知識、技能を証明できる
簿記検定銀行員に必要な経理・財務知識を証明できる
FPリーテル業務に必要な知識を証明できる
証券外務員入行する上で取得必須であるため、熱意を証明できる
証券アナリスト財務・金融知識を体系的に学習できる上、難関資格であり知識を証明できる
↑リンク先で各資格の勉強法や活用法に関する記事をチェックできます。

転職した人の評判

いろいろなことに挑戦したい⼈には合っていると思う。企画⽴案、マネジメント層やビジネスなどすべてのステークホルダーへの働きかけの他、予算取り、契約、アドミ作業もすべてプロマネの対応範疇で仕事内容は多岐に渡る。

⼥性活躍に⼒をかなり⼊れているため、⼥性にとってとても働きやすい環境だと思います。⼥性のマネジメント⽐率の⽬標も⽰しているため、ここのところ⼥性のマネージャー層もだいぶ増えているように感じます。

ある程度は部署にもよりますが、在宅ワークの⽐率が⾮常に⾼いです。他の⾦融機関と⽐べると圧倒的に在宅ワークの⼈数も⽇数も多く、通勤時間が省けるため、ワークライフバランスはかなり取りやすくなっているのではないでしょうか。

新生銀行をはじめとする金融機関への転職に興味のある方は、次の転職サービスをおすすめします。

サービス名おすすめの理由
リクルートダイレクトスカウト・総合商社などの求人数が業界最多
・商社/専門商社に強い転職支援サービスが充実
ミイダス・面接確約で急成長中の転職サービス
・20〜30代向けの書類準備から面接対策を総合サポート
【退職代行ガーディアン】・低費用、そして、簡単で確実に退職できる退職代行
金融業界おすすめの転職サービス3選

金融、コンサル、IT、製造業界を中心としたハイクラス転職支援サービス
公式サイトへ

外資系・日系グローバル企業への転職を目指す方のためのサポートに特化
公式サイトへ

外資系の企業への転職におすすめできるサイト
公式サイトへ
金融業界おすすめ転職サービス

\ 金融業界おすすめの転職サービスをチェック /

あわせて読みたい
【厳選】金融業界におすすめの転職サイト・エージェント6選! 転職活動において、自分に合った転職サイト・エージェントを見つけることは必要不可欠です。 しかし、転職サイト・エージェントは数え切れられないほどあり、どの会社が...

まとめ

今回は新生銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収などをお伝えしました。

ストラクチャードファイナンスをはじめとして業界の中でもユニークなポジショニングを築いている新生銀行では、幅広い金融業務を経験することができます。

新生銀行への転職、もしくは新生銀行からの転職を考えている方は、「」を利用してみてください。

\ 金融業界出身のアドバイザーの支援 /

※まずは無料で転職支援サービスに登録しよう

新生銀行のニュース

最後に、新生銀行に関するニュースをお伝えします。

OpenStreet 株式会社とのシェアサイクルビジネスに関する製品運用契約の締結について

新生銀行グループの昭和リース株式会社は、OpenStreet株式会社との間で、シェアサイクルビジネスに関する製品運用契約を 2022年7月21日付で締結し、9月1日より順次運用を開始いたします。本取組みは、OpenStreetとの協業を通じて、シェアサイクルの普及促進により期待される社会的問題の解決に寄与するものです。

引用元:新生銀行(2022年9月1日)

新生銀行とSBIマネープラザによる共同店舗の運営開始のお知らせ

株式会社新生銀行と、株式会社SBI証券の子会社で、証券・ファンド・保険・住宅ローンなどの多種多様な金融商品と専門的なアドバイスをワンストップで提供するSBIマネープラザ株式会社は、2022年8月18日より、東京都豊島区において共同店舗の運営を開始しましたのでお知らせします。

引用元:新生銀行(2022年8月18日)

新生銀行およびSBI証券の金融商品仲介業務および銀行代理業サービス開始のお知らせ

株式会社新生銀行と株式会社SBI証券は、2022年7月29日(金)にリテール分野での全面的な業務提携について発表し、本日2022年8月9日(火)から、新生銀行とSBI証券による、金融商品仲介業務および銀行代理業のサービス提供を開始いたしました。

引用元:新生銀行(2022年8月9日)

厳選!絶対登録すべき転職サイトとエージェント

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次