資産×キャリア形成に役立つメディア

銀行

【最新版】関西みらい銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収を解説

今回は関西みらい銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収をお伝えしていきます。

関西みらい銀行とは

関西みらい銀行とは、大阪府大阪市中央区に本店を置く、関西みらいフィナンシャルグループ傘下の地方銀行です。

会社名株式会社関西みらい銀行
代表者菅 哲哉(代表者取締役社長)
所在地大阪市中央区備後町2丁目2番1号
社員数3,969人(2021年3月31日現在)
会社HPhttps://www.kansaimiraibank.co.jp/

関西みらい銀行の業務内容

関西みらい銀行の業務内容を見ていきましょう。

【関西みらい銀行の業務内容】

  • 法人向けソリューション業務
  • 富裕層向けコンサルティング業務
  • 個人向けソリューション業務・店頭サービス業務
  • コーポレートスタッフ業務

法人向けソリューション業務

法人向けソリューション業務では、法人客向けに事業成長支援や資金調達サービスなどを提供しています。

グループ総合力や専門知識を活かした高度なソリューション機能を発揮する必要があるため、知識の広さと深さが同時に要求されます。

具体的な業務は次の通りです。

【法人向けソリューション業務】

  • 融資提案
  • ビジネスマッチング
  • 事業承継/M&A仲介
  • 海外進出サポート
  • 事業性評価など

富裕層向けコンサルティング業務

富裕層向けコンサルティング業務では、企業オーナーなどの富裕層顧客に対して包括的なサービスを提供しています。

資産運用の提案はもちろんのこと、資産を守る資産保全の提案まで行うため、各種税制に精通している必要があります。

提案する主なサービスは次の通りです。

【富裕層向けコンサルティング業務】

  • プライベートバンキング
  • 不動産ローン
  • 遺言信託
  • 事業承継
  • 資産運用

個人向けソリューション・店頭サービス業務

個人向けソリューション業務では、個人顧客に対してライフプランのコンサルティングや資産運用の提案を行います。

店頭サービス業務では、店舗に来店された顧客に対して、預金・為替サービスをはじめとする店頭サービスを提供します。

コーポレートスタッフ業務

コーポレートスタッフ業務では、関西みらい銀行の根幹となる様々な業務を担っています。

担当する主な業務は次の通りです。

【コーポレートスタッフ業務】

  • 経営企画
  • 総務
  • 人事・人財育成
  • 事務・システム企画
  • リスク管理・コンプライアンス

銀行業務についてより詳しく知りたい方は下記の本をおすすめします。

関西みらい銀行の強み

次に、関西みらい銀行の強みと弱みを見ていきます。

強みから見ていきましょう。

関西での顧客基盤

関西みらい銀行の強みとして、関西での顧客基盤が挙げられます。

帝国データバンクが2021年10月に行った調査では、関西地域の企業がメインバンクとしている銀行4位に同行がランクインしています。

1位の三井住友銀行、2位の三菱UFJ銀行はメガバンクであること、そして3位のりそな銀行は大手グループ会社であることを踏まえると、地方銀行としては1位と言えます。

有数の経済地域である関西で高いプレゼンスを誇っているため、今後も安定的な収益は見込めるでしょう。

りそなグループのネットワーク

りそなグループのネットワークも、関西みらい銀行の強みです。

りそなグループは日本ではメガバンクに次ぐ大手銀行であり、提供商品の幅広さやシステム力に定評があります。

関西みらい銀行の営業力とりそなグループのネットワークを掛け合わせることで、地銀の枠を超えたビジネスを展開することが可能となります。

関西みらい銀行の弱み

意思決定の遅さ

関西みらい銀行の弱みとして、意思決定の遅さが挙げられます。

もともと関西みらい銀行は不動産関連融資を強みとしていましたが、りそなグループに半ば吸収されたことにより大手銀行の意思決定フローが取り入れられ、スピード感が遅くなりました。

稟議は遅くコンプラも過剰なほどに厳しくなったので、業務の非効率化が叫ばれてしまっています。

金利環境の悪さ

金利環境の悪さも関西みらい銀行の弱みです。

関西みらい銀行に限らず金融業界全体に言えることですが、日本は近年金利が絶望的な水準で推移しているため、貸出収益が低い水準が続いています。

こればっかりはマクロ経済要因なのでどうしようもないですが、従来の銀行ビジネス以外の収益源が必要となってくるでしょう。

なお、地方銀行についてより深く勉強したい方には、次の本をおすすめします。

地方銀行のビジネスモデルや将来についてわかりやすく分析されており、特に巻末の地銀分析表は就活生・投資家にとっては有用です。

関西みらい銀行の平均年収

次に、関西みらい銀行の平均年収についてみていきます。

今回は関西みらい銀行が公表している有価証券報告書と、口コミサイトに記載されている平均年収を参考にしています。

有価証券報告書でみる平均年収

関西みらい銀行が公表している有価証券報告書に平均年収の記載があります。

【関西みらい銀行の平均年収(有報)】

  • 平均年収:8,145,000円
  • 平均勤続年数:21.3年
  • 平均年齢:47.4歳

参考:関西みらいフィナンシャルグループ「有価証券報告書」

有価証券報告書によると、関西みらい銀行の年収は814万円であることが分かります。地方銀行としてはトップクラスであり、勤続年数の長さにつながっています。

口コミサイトでみる平均年収

次に、口コミサイトのOpenWorkで関西みらい銀行の平均年収をみてみましょう。

【関西みらい銀行の平均年収(口コミ)】

回答者の平均年収:439万円

参考:OpenWork(2022年8月10日)

有報の年収より低いですが、回答者の多くが若手や中堅であることを踏まえると、納得できる値だと思います。

年齢別の平均年収

OpenWorkの年齢別の平均年収を参考に、25~45歳までの平均年収は以下のとおりです。

推定年収範囲推定平均年収
25歳285〜469万円366万円
30歳354〜582万円454万円
35歳453〜744万円580万円
40歳570〜937万円731万円
45歳650〜1,069万円834万円
参考:OpenWorkのデータ(2022年3月13日)

関西みらい銀行の新卒採用

関西みらい銀行の新卒採用事情についてみていきます。新卒で関西みらい銀行を目指す学生はご活用ください。

募集職種

ソリューションキャリア得意分野を中心に高い専門性を持ち、主に法人のお客さまのニーズ・課題に対して、様々なソリューションを提供する業務
カスタマーリレーションキャリアきめ細かなホスピタリティと広範囲で多様な業務知識・スキルの組合せにより、主に個人のお客さまに付加価値を提供する業務

採用フロー

【関西みらい銀行の採用フロー】

  1. エントリー
  2. 会社説明会
  3. ES提出
  4. 適性検査
  5. 面接(個別)
  6. 内々定

初任給・福利厚生

【関西みらい銀行の初任給】

一律:205,000円

生活関連制度社宅制度、独身寮、従業員借りかえ融資制度
休暇関連制度年次有給休暇、リフレッシュ休暇、出産・育児休暇
資産関連制度退職一時金制度、財形貯蓄制度、持株会制度

関西みらい銀行への転職

次に、関西みらい銀行への転職を目指す方に向けて、同行のキャリア採用情報をお伝えします。

募集ポジション

銀行業務全般(個人営業・法人営業・窓口営業)

有利になる資格

関西みらい銀行へ転職するにあたって有利になる資格は次の通りです。

  • 銀行業務検定:銀行業務に必要な知識、技能を証明できる
  • 簿記検定:銀行員に必要な経理・財務知識を証明できる
  • FP:リーテル業務に必要な知識を証明できる
  • 証券外務員:入行する上で取得必須であるため、熱意を証明できる
  • 証券アナリスト:財務・金融知識を体系的に学習できる上、難関資格であり知識を証明できる

上記の資格は関西みらい銀行に転職する上で有利になるので、積極的に挑戦しましょう。

当サイトでは各種資格の勉強法についても詳しく解説しているので、是非参考にしてみてください!

社員の評判

入行後2年間のキャリアは会社に設計されています。そのため、自由に部署を行き来して様々な仕事に挑戦することはできません。
しかし、それ以外は資格勉強の補助や先輩上司からの手厚いフォローなど、働きやすい環境は構築されています。
銀行の中では離職率も低いことからも、仕事に満足している人は多いと思います。

入行と同時に有給が20日分付与され、皆さん積極的に活用しています。別にリフレッシュ休暇も10日ほどもらえるので、ワークライフバランスはかなり良いと感じますね。
育休や産休も当たり前のように活用しているので、女性は働きやすい職場だと思います。

ある程度数字と資格を取っていけば、昇進することは難しくありません。
地方銀行の中では給料が高く、役職就けば1,000万円も見えてくるので、高い年収目指している人におすすめです。
以前ほど残業代では稼げなくなってる業界なので、ベースの高さを重視すべきです。

まとめ

今回は関西みらい銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収などを解説しました。

同行は関西圏を中心に高いシェアを誇っている有力地方銀行であり、高い年収からも満足度の高い仕事環境を提供していることが伺えます。

一方で、地方銀行のビジネスモデルに不安を覚える行員は少なくなく、他金融機関やメガベンチャーに転職される方は増加しています。

金融機関出身者がキャリアアドバイザーを務める【金融キャリア転職】では、地方銀行をはじめ、メガバンク、証券会社、保険会社などの金融機関にお勤めの方からの転職相談を承っています。

「豊富な限定求人数」「業界経験者だからできる丁寧なキャリアサポート」を強みとする転職サービスであり、ES添削、面接対策、転職後のフォローまでトータルサポートを提供しています。

キャリアに悩む金融業界人は、【金融キャリア転職】の転職相談に申し込むことをお勧めします!

  • 執筆者
  • 執筆者のプロフィール
MY OPTION編集部

資産×キャリア形成メディア「MY OPTION」編集部です。 大手証券会社、総合商社、メガバンク出身者などで構成されています。

  1. 【最新版】楽天の業務内容・強みと弱み・平均年収を解説

  2. 【最新版】伊藤忠テクノロジーベンチャーズの投資先・採用事情・年収を解説

  3. 【最新版】三菱UFJキャピタルの投資先・採用事情・年収を解説

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

PAGE TOP