【最新版】西日本シティ銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収を解説

当ページのリンクには広告(プロモーション)が含まれている場合があります。
スクロールできます
編集部おすすめの転職サービス
サービス名







おすすめ度
対象年代20〜50代20~50代20~50代20代後半~40代前半20~50代20~30代20~50代20代
得意業界全業種・全職種営業、コンサル、ITマネジメント、専門職IT、Web金融、コンサル全業界技術職、営業ハイクラス
サポート内容書類添削・面接対策
担当アドバイザー
個別ミーティングレジュメ添削
面接対策
キャリア相談
面接対策・書類添削
面接対策履歴書・ESの添削
転職手続きの代行
履歴書・職務経歴書の添削
面接トレーニング
「DiSC」による行動特性を分析
求人掲載数60万件以上50万件以上25,000件21.420件20,000件219,900件23,000件非公開
公式サイト詳細情報詳細情報詳細情報詳細情報詳細情報詳細情報詳細情報詳細情報

この記事では西日本シティ銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収をお伝えします。

西日本シティ銀行の就職・転職に興味のある方の参考になれば幸いです。

目次

西日本シティ銀行とは

西日本シティ銀行とは、2004年に西日本銀行と福岡シティ銀行が合併して誕生した地方銀行です。

現在は西日本フィナンシャルホールディングスの中核企業として、九州地方を中心に金融ビジネスを展開しています。

会社名株式会社西日本シティ銀行
代表者村上 英之(取締役頭取)
所在地福岡市博多区博多駅前三丁目1番1号
社員数3,493名
会社HPhttps://www.ncbank.co.jp/
金融業界おすすめの転職サービス3選

金融、コンサル、IT、製造業界を中心としたハイクラス転職支援サービス
公式サイトへ

外資系・日系グローバル企業への転職を目指す方のためのサポートに特化
公式サイトへ

外資系の企業への転職におすすめできるサイト
公式サイトへ
金融業界おすすめ転職サービス

\ 金融業界おすすめの転職サービスをチェック /

あわせて読みたい
【厳選】金融業界におすすめの転職サイト・エージェント6選! 転職活動において、自分に合った転職サイト・エージェントを見つけることは必要不可欠です。 しかし、転職サイト・エージェントは数え切れられないほどあり、どの会社が...

西日本シティ銀行の業務内容

西日本シティ銀行の業務内容を見てきましょう。

【西日本シティ銀行の業務内容】

  • ファイナンシャルアドバイザー業務
  • 渉外営業業務
  • 本部業務

ファイナンシャルアドバイザー業務

ファイナンシャルアドバイザー業務では、来店されたお客さまを中心に、ライフプランや投資方針に応じた定期預金、投資信託、各種保険などの資産運用商品や各種ローンの提案を行います。

個人顧客のニーズが多岐に渡るため、幅広い知識が必要です。

渉外営業業務

渉外営業業務では、直接お客さまのもとへ出向き、運転資金や設備資金などの融資案件の受付や、適切な金融商品の提案を担当します。

金融知識だけでなく、経営者との折衝能力や事業の将来性を分析する力が必要です。

本部業務

本部業務では、西日本シティ銀行を支えるバックオフィス業務(経理、法務、デジタル部など)に加えて、法人にアプローチする法人部隊で構成されています。

西日本シティ銀行の強み

次に、西日本シティ銀行の強みと弱みを見ていきます。

強みから見ていきましょう。

九州地域の顧客基盤

西日本シティ銀行の強みとしては、九州地域の顧客基盤が挙げられます。

帝国データバンクが2022年3月に実施した「九州・沖縄地区のメインバンク調査」では、西日本シティ銀行はシェア12.0%と2位となっています。

シェアの高いことは銀行ビジネスではかなりの優位性を意味します。シェアが高さは信用力の高さを意味し、営業のしやすさや採用力に直結するからです。

良い人材が集まれば営業力が向上し、収益も増加し、さらに良いサービスを提供できるになり、それがさらなる顧客を作る。このような好循環を生むことができるのです。

同地域で1位のFFG(福岡フィナンシャルグループ)の中核企業である福岡銀行については、下記の記事で詳しく解説しているので併せてご参考ください。

あわせて読みたい
【最新版】福岡銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収を解説 今回は福岡銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収をお伝えしていきます! 福岡銀行への就職・転職を目指している方の参考になれば幸いです。 【福岡銀行とは】 福岡銀行...

ソリューションの幅広さ

ソリューションの幅広さも西日本シティ銀行の強みです。

西日本シティ銀行単体でもカバー範囲の広さに定評がありますが、グループ金融機関と連携することであらゆるニーズに対応することを可能としています。

「お金やビジネスで困ったことがあったらとりあえず西日本シティへ」という認識でも大丈夫など、幅広いソリューションサービスを提供しています。

デジタル戦略への取り組み

西日本シティ銀行は、地方銀行の中でも積極的にデジタル戦略に取り組んでいます。

利便性の高いアプリや入出金システムはもはや当たり前になりつつあるため、デジタル戦略は金融機関としては非常に重要な分野と言えます。アプリが不便というだけで口座解約する方もいるぐらいです。

西日本シティ銀行が提供している「西日本シティアプリ」は、その使いやすさと機能の幅広さから、ダウンロード数及び口座登録数が年々上昇しています。銀行アプリの中でもユーザー数の伸びが非常の速いです。

アプリ経由での契約も増えているため、人件費負担を軽減しつつ営業生産性を高めることに成功しています。

金融業界おすすめの転職サービス3選

金融、コンサル、IT、製造業界を中心としたハイクラス転職支援サービス
公式サイトへ

外資系・日系グローバル企業への転職を目指す方のためのサポートに特化
公式サイトへ

外資系の企業への転職におすすめできるサイト
公式サイトへ
金融業界おすすめ転職サービス

\ 金融業界おすすめの転職サービスをチェック /

あわせて読みたい
【厳選】金融業界におすすめの転職サイト・エージェント6選! 転職活動において、自分に合った転職サイト・エージェントを見つけることは必要不可欠です。 しかし、転職サイト・エージェントは数え切れられないほどあり、どの会社が...

西日本シティ銀行の弱み

九州地域以外への影響力

西日本シティ銀行の弱みとしては、九州地域以外での影響力が挙げられます。

全国区で見てもトップクラスの地方銀行ではありますが、やはり九州地域でのシェアによるものであり、他地域ではほとんどシェアを獲得できていません。

九州地域に特化している地方銀行であるため他地域でのシェアは捨てても良いかもしれませんが、九州から近い韓国やASEAN地域など、別地域に進出するのは長期的な成長戦略としてはありかもしれません。

金利環境の悪さ

金利環境の悪さも西日本シティ銀行の弱みです。

西日本シティ銀行に限らず金融業界全体に言えることですが、日本は近年金利が絶望的な水準で推移しているため、貸出収益が低い水準が続いています。

こればっかりはマクロ経済要因なのでどうしようもないですが、従来の銀行ビジネス以外の収益源が必要となってくるでしょう。

西日本シティ銀行の平均年収

有価証券報告書でみる平均年収

西日本シティ銀行が中核企業として属している西日本シティフィナンシャルグループが公表している有価証券報告書に平均年収の記載があります。

【西日本シティ銀行の平均年収(有報)】

  • 平均年収:10,540,000円
  • 平均勤続年数:24.5年
  • 平均年齢:48.4歳

引用元:西日本シティフィナンシャルグループ|有価証券報告書2022

有報を確認すると、西日本シティ銀行の平均年収は1,054万円であることがわかります。地方銀行トップクラスであり、金融業界全体で見てもかなり高い水準です。

口コミサイトでみる平均年収

次に、口コミサイトのOpenWorkで西日本シティ銀行の平均年収をみてみましょう。

【西日本シティ銀行の平均年収(口コミ)】

回答者の平均年収:416万円

引用元:openwork(2022年12月14日)

西日本シティ銀行の口コミでの平均年収は416万円でした。

回答者の多くが若手や中堅層であるため、実態の平均年収を押し下げている印象があります。

年収・賞与について

給与制度は悪くない。パソコンで就業時間は管理されており、残業時間も⼀分単位で付与されている為サービス残業は発⽣せず、また⼟⽇祝⽇も法律により⽀店も定休⽇となる為、以上を勘案すると収⼊に関しては県及び地⽅銀⾏の中で⾼⽔準に位置すると思われる。

グレード毎に基準となる給与・賞与があり、⼈事評価によってプラスされたりする。昇グレードは年⼀回10⽉で、⾃⼰啓発学習で必要な項⽬とることと、営業成績の評価をもとに⼈事部に推薦してもらう。

ざっくりと、新卒300万台、主任600万台、代理700万台、次⻑900万台、⽀店⻑1000万台。

西日本シティ銀行の新卒採用

西日本シティ銀行の新卒採用事情についてみていきます。新卒で西日本シティ銀行を目指す学生はご参考ください。

新卒採用の募集職種

職種業務内容
総合職職位に上限はなく、将来的に経営の中枢として当行を担っていく人財を育成するコース
地域総合職指定する基本居住地から通勤可能な範囲で勤務できる、地域に根付いたコース

採用フロー

【西日本シティ銀行の採用フロー】

  • エントリー
  • ES提出
  • Webテスト
  • 面接(複数回)
  • 内々定

初任給・福利厚生

【西日本シティ銀行の初任給】

  • 総合職:205,000円
  • 地域総合職:195,000円
生活関連制度社宅制度、独身寮
休暇関連制度年次有給休暇、リフレッシュ休暇、出産・育児休暇
資産関連制度持株会、財形貯蓄制度、退職一時金制度

採用大学・学歴フィルター

西日本シティ銀行は採用大学を公表していません。

しかし、各大学の就職実績を見ると、どの程度の学歴フィルターが設けられているか予測することができます。

下記は九州で偏差値50の私立大学である九州産業大学経済学部の就職実績ですが、西日本シティ銀行に就職している学生さんがいることがわかります。

平均的なレベルの大学からの採用実績があるため、西日本シティ銀行は学歴フィルターを設けていないと言えるでしょう。

西日本シティ銀行に強い就活サービス

西日本シティ銀行を目指す学生は、就活サービス「」がおすすめです。

数分で無料登録できるため、積極的に活用して効率的に就活を進めていきましょう。

\ 企業が学生にオファーをするアプリ!!無料登録するだけでOK /

※今すぐ無料登録して適正診断を受けてみよう!

西日本シティ銀行の転職情報

次に、西日本シティ銀行への転職を目指す方に向けて、同行の中途採用情報をお伝えします。

中途採用での募集職種

西日本シティ銀行は、2022年12月時点で下記の職種を中途採用で募集しています。

職種業務内容
新規事業開発/ICT企画業務先端技術(ICT)を活用した金融関連ビジネスや革新的な銀行・カード・証券サービス等の企画・開発・推進
デジタル企画担当領域における新サービス・既存サービス強化策等の企画立案およびプロジェクト管理・推進
IT関連業務全般IT戦略策定、プロジェクトマネジメント、IT予算策定・執行、業務アプリケーション導入支援
M&A業務案件発掘、対象会社への提案、対象会社の企業評価、プレデューデリジェンス、企業概要書作成、候補先の選定、打診、提案、条件面の調整、M&Aを成約させるための各種契約書の作成、

有利になる資格

西日本シティ銀行へ転職するにあたって有利になる資格は次の通りです。

資格名有利になる理由とおすすめ記事
銀行業務検定銀行業務に必要な知識、技能を証明できる
簿記検定銀行員に必要な経理・財務知識を証明できる
→【最新版】日商簿記の合格率・難易度とは?メリット・デメリットも解説
FPリーテル業務に必要な知識を証明できる
→【独学向け】CFPの難易度・勉強法・勉強時間・おすすめのテキストと問題集を解説
→CFP資格のメリット・デメリットを合格者が解説
証券外務員入行する上で取得必須であるため、熱意を証明できる
→証券外務員に落ちたらどうなる?受かる気がしない・難しいと感じる人向けの対策を解説
→【最新版】証券外務員1種の難易度・おすすめのテキストと問題集を解説
証券アナリスト(CMA)財務・金融知識を体系的に学習できる上、難関資格であり知識を証明できる
→【最新版】証券アナリスト資格の試験概要・難易度・勉強時間を解説
→【合格者談】証券アナリストのメリット・デメリットとは?
米国証券アナリスト(CFA)高度な金融・英語力を証明できる
→CFA資格とは?難易度・勉強法・勉強時間・おすすめのテキストを解説
→CFAは意味ない?メリットを解説【合格者談】
投資診断士金融商品に関する基本知識を証明できる
→【合格者談】投資診断士の難易度・勉強時間・メリット・評判などを解説

転職した人の評判

法⼈営業であれば企業、個⼈オーナーに対しての融資業務が⼤半となる。他に住宅ローン業務もある。⾃⾝が⾏った融資で企業が設備投資をし成⻑していく姿を⾒ていく事が出来やりがいを感じる事ができる。

営業に前向きであればやりがいを持って働きやすい。正社員には全員営業⽬標が振られる。結婚、出産後も時短勤務等の制度は整っており働き続けることは可能だが、労働時間が短くても他の社員と営業⽬標はかわらないし、成績が上がらない理由にはできない。

プライベートとのバランスを調整しやすい会社だと思います。
⼟⽇祝⽇が必ず休みです。但し顧客からの問い合わせや接待の対応を⾏う⽇もあります。平⽇の残業時間も2時間程度と短い為仕事後の趣味を持たれてる⾏員が多いと感じます。

西日本シティ銀行に強い転職サービス

西日本シティ銀行をはじめとする銀行への転職に興味のある方は、転職サービス「」をおすすめします。

\ 希望にマッチしたスカウトが届く転職スカウトサービス /

※早速、無料でレジュメ登録をしてスカウトを待とう!

まとめ

ここまで西日本シティ銀行の事業内容・強みと弱み・平均年収などをお伝えしました。

西日本シティ銀行をはじめとする銀行業界への転職に興味のある方は、【】もおすすめです。

金融業界の求人数、金融業界志望者向けの転職サポートが充実しています。

\ 金融業界出身のアドバイザーの支援 /

※まずは無料で転職支援サービスに登録しよう

西日本シティ銀行のニュース

最後に、西日本シティ銀行に関するニュースを共有します。

「西日本シティ銀行 Mikatano ワークス」の取扱開始について

西日本シティ銀行は、法人・個人事業主のお客さま向けの DX 支援サービスの一つとして、株式会社マネーフォワードが開発・運営する「西日本シティ銀行 Mikatano ワークス」の取扱いを開始しますので、お知らせします。本商品は、スケジュール管理や勤怠登録などの業務のペーパーレス化や情報把握にかかる時間削減が見込めるソフトウェアです。当行は、今後も DX 支援サービスの拡充に取り組み、お客さま起点の“One to One ソリューション”の提供に努めてまいります。

引用元:西日本シティ銀行(2022年12月2日)

地域活性化を目的とした EC モールの開発・提供について

西日本シティ銀行は、お取引先の売上拡大やブランディング向上への貢献を目的に、ECシステムを開発し、ダイヤモンド秀巧社印刷株式会社に提供しましたので、お知らせします。ダイヤモンド秀巧社印刷株式会社は、11月28日から、九州独自の魅力的な商品を販売するEC モール「KYUSHU GOOD TRIP」の運営を開始し、当行は、取引先に本 EC モールへの出店を案内するとともに、西日本シティ銀行アプリ(約 130 万ダウンロード)や公式ブログなどを活用して、本 EC モール内の取扱商品を幅広く PR します。

引用元:西日本シティ銀行(2022年11月28日)

「ことら送金サービス」の取扱開始について

西日本シティ銀行は、株式会社ことらが提供する個人のお客さま向け小口送金サービス「ことら送金サービス」の取扱いを開始しますので、お知らせします。「ことら送金」は、西日本シティ銀行アプリからご利用できるサービスで、「ことら送金」に参加している金融機関の口座間などで、スマートフォンを利用して、口座番号や電話番号、メールアドレス等のいずれかを指定し、1回または1日あたり10万円以下の個人間送金が無料でできます。

引用元:西日本シティ銀行(2022年9月29日)

厳選!絶対登録すべき転職サイトとエージェント

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次