資産×キャリア×恋愛の選択肢を広げるメディア

銀行

【最新版】横浜銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収を解説

この記事では、横浜銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収をお伝えします。

横浜銀行とは

横浜銀行とは、神奈川県横浜市西区に本店を置く、コンコルディア・フィナンシャルグループ傘下の大手地方銀行です。

会社名株式会社横浜銀行
代表者片岡 達也(代表取締役頭取)
所在地神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目1番1号
社員数4,455名(2022年3月)
会社HPhttps://www.boy.co.jp/

横浜銀行の業務内容

横浜銀行の業務内容を見ていきましょう。

【横浜銀行の業務内容】

  • 預金業務
  • 貸付業務
  • 為替業務

それぞれ詳しくみていきます。

預金業務

預金業務は、個人・法人を問わずに顧客から資金を預かることを指します。

普通預金や定期預金、当座預金といった銀行口座の管理が主な仕事です。

貸付業務

貸付業務では、預金業務で預かった資金を、企業の開業資金や個人の住宅ローンなど様々な商品にして貸し付けています。

銀行ビジネスの主な収益源は、預金業務で預かった資金に適用する支払利息よりも、貸出資金に適用する受取利息を大きくすることで発生する金利差です。

貸付業務での利子を高く設定できるように、銀行は様々な付加価値となるサービスを提供しています。

為替業務

為替業務では、銀行口座を持っている顧客の依頼に合わせて振り込みや送金を行なっています。

外貨需要のある顧客に対しては、外国為替市場から外貨を調達して提供しています。

横浜銀行の強み

次に、横浜銀行の強みと弱みを見ていきます。

強みから見ていきましょう。

神奈川県の顧客基盤

横浜銀行の強みとしては、神奈川県の顧客基盤が挙げられます。

神奈川県は日本屈指の経済都市であり、同地域にて預金残高と貸出金残高のトップシェアを握っています。

高いシェアによるプレゼンスが、営業や採用のしやすさに繋がっています。

海外ビジネスの成長性

海外ビジネスの成長性も横浜銀行の強みです。

横浜銀行は地方銀行では珍しく海外ビジネスにも注力しており、年々収益力を高めています。

特にアジアには数多くの海外拠点を展開しており、同地域の経済成長の恩恵を上手くビジネスにつなげています。

ソリューションの幅広さ

横浜銀行が提供する金融サービスは非常に幅広く、ほとんどのニーズを解決できる商品・サービス力をグループで保有しています。

資産形成相談、資産運用コンサルティング、情報サービス・調査レポートの提供、ベンチャー投資など、あらゆる顧客層にあった金融サービスを提供できる体制を構築しています。

横浜銀行の弱み

中途半端なポジショニング

横浜銀行の弱みとしては、中途半端なポジショニングが挙げられます。

地方銀行としては圧倒的な規模を誇っていますが、規模の面ではメガバンクに大きく劣ります。会社規模が中途半端が大きいだけに機動力も悪く、意思決定のスピードの遅いと言われています。

支店の統廃合を進めてスリム化を図っていますが、特段大きな成果は出ていません。

金利環境の悪さ

金利環境の悪さも横浜銀行の弱みです。

横浜銀行に限らず金融業界全体に言えることですが、日本は近年金利が絶望的な水準で推移しているため、貸出収益が低い水準が続いています。

こればっかりはマクロ経済要因なのでどうしようもないですが、従来の銀行ビジネス以外の収益源が必要となってくるでしょう。

横浜銀行の平均年収

次に、横浜銀行の平均年収についてみていきます。

今回は横浜銀行が公表している有価証券報告書と、口コミサイトに記載されている平均年収を参考にしています。

有価証券報告書でみる平均年収

横浜銀行が公表している有価証券報告書に平均年収の記載があります。

【横浜銀行の平均年収(有報)】

  • 平均年収:11,147,000円
  • 平均勤続年数:12.5年
  • 平均年齢:41.4歳

引用元:コンコルディア・フィナンシャルグループ|有価証券報告書(2022年)

有価証券報告書によると、横浜銀行の年収は1,042万円であることが分かります。さすが地銀トップ、大台の1,000万円を超えてきましたね。

口コミサイトでみる平均年収

次に、口コミサイトのOpenWorkで横浜銀行の平均年収をみてみましょう。

【横浜銀行の平均年収(口コミ)】

回答者の平均年収:593万円

引用元:openwork(2022年8月26日)

有報の年収より低いですが、回答者の多くが若手や中堅であることを踏まえると、納得できる値だと思います。

年齢別の平均年収

年齢年収範囲平均年収
25歳297〜572万円412万円
30歳433〜834万円601万円
35歳612〜1,177万円849万円
40歳621〜1,196万円862万円
45歳514〜989万円713万円
引用元:openwork(2022年8月26日)

評価体系・賞与について

給与体制を実⼒主義に変えていく予定とのことなので今後に期待したい。⻑く勤めればとてもコストパフォーマンスが⾼いのではないか。ボーナスはあまり差がない。

半期に⼀度ボーナスのための業績評価が⾏われ、その結果でボーナスの⾦額が決まる。ボーナスは1-10までで評価され、課⻑代理級だとランクが1異なると10万程度異なるため、同じランクでも年収は結構違うこともある。

⼈事評価は10項⽬でそれぞれ5段階程度に分かれる。基本的な資格⼿当に、役職に応じて職位⼿当が加算される。また、昇給・昇格は原則夏場に年1回だが、例外もある。年2回のボーナス時と夏場に⽀店⻑級の⾏員との⼈事⾯談あり。

横浜銀行の新卒採用

横浜銀行の新卒採用事情についてみていきます。新卒で横浜銀行を目指す学生はご活用ください。

募集職種

総合職(オープンコース)銀行業務全般、主として高度な企画、判断、営業推進、管理等の業務
総合職(デジタルICTコース)AI、FinTech、デジタル技術を活用した金融サービスの提供や業務改革にかかる企画立案・推進業務
総合職(データサイエンスコース)経営管理やマーケティング、様々なビジネスに対するデータ利活用の企画立案・推進
カスタマーサービス職主として顧客対応を含む定型的・類型的事務、事務管理等の業務または担当業務を指揮命令する業務

採用フロー

【横浜銀行の採用フロー】

  1. エントリー
  2. 会社説明会
  3. ES提出
  4. 適性検査
  5. 個別面接
  6. 内々定

初任給・福利厚生

【横浜銀行の初任給】

  • 総合職→院卒:223,000円、大卒:205,000円
  • カスタムーサービス職→大卒:185,000円
生活関連制度社宅制度、独身寮、家賃補給金、住宅融資
休暇関連制度年次有給休暇、リフレッシュ休暇、出産・育児休暇
資産関連制度退職一時金制度、財形貯蓄制度、持株会制度

横浜銀行への転職

次に、横浜銀行への転職を目指す方に向けて、同行のキャリア採用情報をお伝えします。

中途採用での募集職種

2022年8月時点において、横浜銀行はHP上でキャリア採用を募集していません。

しかし、ホームページ上に募集していないだけで、転職サービスを通じて常にキャリア採用を行っています。

中途入社を目指す方は、様々な転職サービスを活用すると良いでしょう。

有利になる資格

横浜銀行へ転職するにあたって有利になる資格は次の通りです。

  • 銀行業務検定:銀行業務に必要な知識、技能を証明できる
  • 簿記検定:銀行員に必要な経理・財務知識を証明できる
  • FP:リーテル業務に必要な知識を証明できる
  • 証券外務員:入行する上で取得必須であるため、熱意を証明できる
  • 証券アナリスト:財務・金融知識を体系的に学習できる上、難関資格であり知識を証明できる

上記の資格は横浜銀行に転職する上で有利になるので、積極的に挑戦しましょう。

当サイトでは各種資格の勉強法についても詳しく解説しているので、是非ご参考ください。

転職者人の評判

大手地方銀行ということで大きなプロジェクトにすぐつけるかと言ったら、全くそうではないです。銀行業務に付随する事務業務で若手は手一杯なので、「経済を支える!」と熱く志望する人ほど落胆は大きいです。しかし、営業では会社のブランドから話を聞いてくれる社長は多いので、営業はしやすいと感じます。

女性であっても男性と同じフィールドで勝負することが可能であり、女性の管理職も増えています。産休・育休をとっている方がとても多く、有給も取得しないと上が怒られるので、嫌でも休むことになります。プライベートと仕事の両立ができる会社です。

最近は残業が減りましたが、それでも部署や支店によってはかなり残業する場合もあるでしょう。住宅ローンセンターや土日バンクの対応で休日出勤する場合もありますが、振替休日がもらえるのでさほどデメリットでもないでしょう。

まとめ

今回は横浜銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収を解説しました。

横浜銀行は神奈川県内で圧倒的なプレゼンスを誇っており、同地域ではさまざまな金融ビジネスを展開しています。また海外にも強い数少ない地方銀行でもあります。

地域に根付いたリテール営業、ホールセールまで幅広い業務を経験できるため、神奈川で銀行員を目指す方は横浜銀行への転職を検討してみてはいかがでしょうか。

横浜銀行をはじめとする地方銀行への転職に興味の方は、金融業界に特化した転職サービスである【金融キャリアパス】がおすすめです。

金融業界出身のキャリアアドバイザーが、キャリア相談を承ります。

  • 執筆者
  • 執筆者のプロフィール
MY OPTION編集部

資産×キャリア形成メディア「MY OPTION」編集部です。 大手証券会社、総合商社、メガバンク出身者などで構成されています。

  1. 【最新版】メタルワンの事業内容・強みと弱み・平均年収を解説

  2. 広告マン(電通・博報堂)がモテる3つの理由と合コン事情を解説

  3. 【FP解説】変額保険は何歳まで加入するべき?老後資金が準備できるのか?

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

PAGE TOP