資産×キャリア形成に役立つメディア

銀行

【最新版】琉球銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収を解説

この記事では琉球銀行の事業内容・強みと弱み・平均年収等をお伝えしていきます。

琉球銀行とは

琉球銀行とは、沖縄県那覇市に本店を置く地方銀行です。

会社名株式会社琉球銀行
代表者川上 康(取締役頭取)
所在地沖縄県那覇市東町2番1号 那覇ポートビル
社員数1,349名(2022年6月)
会社HPhttps://www.ryugin.co.jp/

琉球銀行の業務内容

琉球銀行の業務内容を見ていきましょう。

【琉球銀行の業務内容】

  • テラー業務
  • 相談窓口業務
  • 外国為替業務
  • 営業業務
  • 融資窓口業務
  • 事業性営業業務

それぞれ詳しくみていきます。

テラー業務

テラー業務では、窓口に来店された顧客の依頼を受けて対応することが主な業務です。具体的には次の業務を行います。

  • 普通預金や貯蓄預金などの入金や出金
  • 振り込みあるいは公共料金の支払いなどの受付け処理

相談窓口業務

相談窓口業務では、預金業務に関して広範囲にわたって担当するポジションです。具体的には次の業務を行います。

  • 普通預金、定期預金ほか各種預金の新規作成
  • 住所変更などに伴う変更手続き、
  • キャッシュカードなどの紛失時の手続き

外国為替業務

外国為替業務では、外国為替に関するあらゆる業務を担当します。具体的には次の業務を行います。

  • 為替相場に基づく円通貨と外国通貨の両替
  • 海外への送金
  • 海外からの入金に関する事務処理
  • 貿易代金の決済

営業業務

営業業務では、支店近隣の地域や企業を分担して受け持ち、お客様の家庭や事務所を訪問します。

顧客ニーズの察知と提案商品の知識が必要になるので、日々の情報収集が重要となります。

融資窓口業務

融資窓口業務では、住宅ローンや消費者ローンなどの個人向けの融資の相談・受付・調査事務、および、企業や個人融資の貸付実行事務を担当しています。

スピードと正確な事務処理が要求されるポジションです。

事業性営業業務

事業性営業業務では、融資を申し込んだ企業の財務分析や現場調査を行います。

資金使途の妥当性、返済可能性、そして返済できない場合の保全方法を考えていきます。

琉球銀行の強み

次に、琉球銀行の強みと弱みを見ていきます。

強みから見ていきましょう。

沖縄県でのプレゼンス

琉球銀行の強みとしては、沖縄県でのプレゼンスが挙げられます。

東京商工リサーチ沖縄支店が行った調査によると、沖縄県の企業がメインバンクとして利用する金融機関の割合として、最も高かったのは琉球銀行の42.0%です。

沖縄県のおよそ半数もの企業が琉球銀行と取引しているため、同地域での営業や採用のしやすさはピカイチだと言えます。

法人向けサービスの収益力

法人向けサービスの収益力も琉球銀行の強みと言えます

既述の通り、琉球銀行は数多くの法人と融資関連での取引がありますが、ビジネスマッチングやM&A、ストラクチャードファイナンスなどのサービスも提供することで、収益力を高めています。

銀行ビジネスが厳しくなっている中で、法人向けサービスでしっかり成果が出ている点は、経営戦略が機能していると評価できるでしょう。

琉球銀行の弱み

コロナによる観光産業への打撃

琉球銀行は、地域柄取引先に観光ビジネスを営んでいる企業が多いですが、新型コロナウィルスの影響で観光関連企業の業績が軒並み大打撃を受けている点は、琉球銀行にとっても弱みと言えます。

もちろん仕方がないことであります。この点に関して経営陣を責めることはできないでしょう。

取引先企業の業績悪化は銀行としても当然望ましくありません。貸付金の貸し倒れや融資案件の先細りなど、収益を悪化させることにつながります。

金利環境の悪さ

金利環境の悪さも琉球銀行の弱みです。

琉球銀行に限らず金融業界全体に言えることですが、日本は近年金利が絶望的な水準で推移しているため、貸出収益が低い水準が続いています。

こればっかりはマクロ経済要因なのでどうしようもないですが、従来の銀行ビジネス以外の収益源が必要となってくるでしょう。

なお、地方銀行についてより深く勉強したい方には、次の本をおすすめします。

地方銀行のビジネスモデルや将来についてわかりやすく分析されており、特に巻末の地銀分析表は就活生・投資家にとっては有用です。

琉球銀行の平均年収

次に、琉球銀行の平均年収についてみていきます。

今回は琉球銀行が公表している有価証券報告書と、口コミサイトに記載されている平均年収を参考にしています。

有価証券報告書でみる平均年収

琉球銀行が公表している有価証券報告書に平均年収の記載があります。

【琉球銀行の平均年収(有報)】

  • 平均年収:6,060,000円
  • 平均勤続年数:17年1ヶ月
  • 平均年齢:41.11歳

引用元:琉球銀行|有価証券報告書(2022年)

有価証券報告書によると、琉球銀行の年収は606万円であることが分かります。沖縄県の所得水準を考慮すると、十分高い水準だと言えます。

口コミサイトでみる平均年収

次に、口コミサイトのOpenWorkで琉球銀行の平均年収をみてみましょう。

【琉球銀行の平均年収(口コミ)】

回答者の平均年収:436万円

参考:OpenWork(2022年9月4日)

有報の年収より低いですが、回答者の多くが若手や中堅であることを踏まえると、納得できる値だと思います。

評価体系・賞与について

⼀年⽬から三年⽬までは昇格がないため、給与は低い。⼿取り13万円から14万円程度。特に問題がなければ昇格し、4年⽬から5万円程昇給する。7年⽬以降の昇格に関しては個⼈差が出てくる。昇格のためにはある程度の資格取得が必要。

賞与は1年⽬から出るのでそこは良いと思います。基本給が少ないので賞与が1年⽬から出るのは助かります。ただ、最初の3年はあまり昇給していかないので、そこは我慢が必要です。

⽀店の評価もありますが、⽀店ごとに絶対評価の部分もあり、A評価は何パーセントと割合が決められています。ゆえに⽀店の実績は⼀丸となってやりますが、個⼈の評価は融資担当・リテール関係なく相対的に決まってしまいます。

琉球銀行の新卒採用

琉球銀行の新卒採用事情についてみていきます。新卒で琉球銀行を目指す学生はご活用ください。

募集職種

リテールフィールド窓口事務に加え、個人のお客様(オーナー層含む)に対して、ローンや資産運用相談など対話からより良いソリューションを提案するフィールド
事業性フィールド法人や個人事業主のお客様(オーナー層含む)に対して、融資相談をはじめ、事業先の潜在的な課題に対するソリューションを提供するフィールド

採用フロー

【琉球銀行の新卒採用フロー】

  1. エントリー
  2. ES提出
  3. 適性検査受験
  4. 面接(2~3回)
  5. 内々定

初任給・福利厚生

【琉球銀行の初任給】

  • 大卒・院卒:205,000円
  • 短大・専門・高専卒:169,500円
  • 高校卒:161,500円
生活関連制度社宅制度、独身寮
休暇関連制度年次有給休暇、リフレッシュ休暇、出産・育児休暇
資産関連制度財形貯蓄制度、持株会制度

琉球銀行への転職

次に、琉球銀行への転職を目指す方に向けて、同行のキャリア採用情報をお伝えします。

中途採用での募集職種

部署募集職種
法人向けファイナンス法人向けファイナンス業務、シンジケートローンアレンジャー・エージェント業務、不動産流動化等のストラクチャードファイナンス等の業務全般担当
本部監査企画関連本部監査企画関連業務、カード加盟店監査、AML/CFT関連監査、J‐SOX監査、信託業務監査などの本部監査企画関連業務担当
キャリア(管理職)支店業務または本部業務、各種業務に関するマネジメント・企画・推進

有利になる資格

琉球銀行へ転職するにあたって有利になる資格は次の通りです。

資格名有利になる理由
銀行業務検定銀行業務に必要な知識、技能を証明できる
簿記検定銀行員に必要な経理・財務知識を証明できる
FPリーテル業務に必要な知識を証明できる
証券外務員入行する上で取得必須であるため、熱意を証明できる
証券アナリスト財務・金融知識を体系的に学習できる上、難関資格であり知識を証明できる
↑リンク先で各資格の勉強法や活用法に関する記事をチェックできます。

転職した人の評判

縄は地域の絆が一段と強いので、一度関係が構築できればとてもビジネスがしやすくなります。地域のイベントに参加したり、講演会に参加したりすることで、顧客と接する機会を増やす機会を会社が与えてくれます。プレゼンスも高いので、営業はしやすいと思います。

育休や産休はとても取りやすく、皆さん当たり前のように活用しています。
飲み会も多いですが、女性は拒否できる文化が根づきつつあるので、女性も働きやすくなっていると感じています。もちろん支店によって異なると思いますが…

業務のやりがいは強く感じていますが、同じぐらい待遇に関しては不満を感じています。家賃補助はありませんし、通勤手当も満額支給されません。ただでさえ他の大手地銀より待遇が悪いのに、福利厚生まで劣っていると良い人材は集まらない気がします。

まとめ

この記事では、琉球銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収を解説しました。

沖縄を中心として高いプレゼンスを誇っている琉球銀行は、地方銀行として地域に密着した金融ビジネスを展開しています。

沖縄で働きたい方、銀行員として働きたい方は、琉球銀行への転職を検討してみてはいかがでしょうか。

地方銀行への転職に興味のある方は、【金融キャリアパス】がおすすめです。

金融業界出身のキャリアアドバイザーが、キャリア相談を承ります。

  • 執筆者
  • 執筆者のプロフィール
MY OPTION編集部

資産×キャリア形成メディア「MY OPTION」編集部です。 大手証券会社、総合商社、メガバンク出身者などで構成されています。

  1. 【最新版】楽天の業務内容・強みと弱み・平均年収を解説

  2. 【最新版】伊藤忠テクノロジーベンチャーズの投資先・採用事情・年収を解説

  3. 【最新版】三菱UFJキャピタルの投資先・採用事情・年収を解説

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

PAGE TOP