資産×キャリア形成に役立つメディア

VC

【最新版】SMBCベンチャーキャピタルの投資先・採用情報・年収を解説

この記事では、SMBCベンチャーキャピタルの投資方針や投資先・採用情報・年収についてお伝えしていきます。

SMBCベンチャーキャピタルとは

SMBCベンチャーキャピタルとは、大手金融グループである三井住友フィナンシャルグループを主な株主とするベンチャー・キャピタル(VC)です。

会社名SMBCベンチャーキャピタル株式会社
代表者落合 昭(代表取締役社長)
所在地東京都中央区八重洲1-3-4 三井住友銀行呉服橋ビル
株主三井住友銀行グループ
会社HPhttps://www.smbc-vc.co.jp/

同じ三井住友フィナンシャルグループの一員である三井住友銀行、SMBC日興証券に関する記事もありますので、併せてご参考ください。

SMBCベンチャーキャピタルの投資方針

SMBCベンチャーキャピタルは、業種やステージを限定しない投資を行っています。

投資対象企業の分野としては、IT、サービス分野を主としながらも、幅広い業種に投資しています。

出典:SMBCベンチャーキャピタル|投資実績

投資対象企業のステージとしては、創業間もないスタートアップ、アリーステージの企業を中心としながら、ミドル、レイター企業への投資も行っているようです。

出典:SMBCベンチャーキャピタル|投資実績

SMBCのネットワークをフル活用することで、大手企業との橋渡しや海外展開の支援を行っています。

SMBCベンチャーキャピタルの主な投資先

SMBCベンチャーキャピタルの主な投資先をご紹介していきます。

すべての投資先を列挙すると膨大になるので、今回は直近2年間に投資した企業の中で上場した投資先をご紹介します。

2021年に上場した投資先

会社名事業概要
TORICOECサイト「漫画全巻ドットコム」の運営やマンガ・アニメ関連グッズの販売を手掛ける。
CEL Corporationアパート経営の提案、設計、施工管理を行う賃貸住宅事業などを手掛ける。
Green Earthバイオリファイナリー技術を活用した、グリーン化学品の開発や事業化を手掛ける。
EXAWIZARDSAIを利活用したサービス開発による産業革新と社会課題の解決を行う。
HYUGA PRIMARY CARE在宅患者に対する在宅訪問サービスの「きらり薬局」などを運営する。
JDSCAIを活用したアルゴリズムモジュールの開発とライセンス提供などを手掛ける。
アスタリスクモバイル機器に装着して使用するバーコードリーダーなどの開発・販売を手掛ける。

2020年に上場した投資先

会社名事業概要
Spider Plus建設業者向け建築図面・現場管理アプリ「SPIDERPLUS」の開発・販売。
coconala個人の知識・スキル・経験を売り買いできるスキルマーケット「ココナラ」を運営。
QD LASER半導体レーザ、網膜走査型レーザアイウェアなどの開発・製造・販売を手掛ける。
yappliプログラミング不要でスマホアプリの開発・運用プラットフォーム「Yappli」運営。
Wealth Navi資産運用を全自動化したロボアドバイザーの開発や提供。手数料収入。

SMBCベンチャーキャピタルの採用情報

新卒採用

SMBCベンチャーキャピタルでは、2022年9月時点で新卒採用を募集していません。

証券会社などの金融機関で経験を積んでから挑戦しましょう。

キャリア採用

SMBCベンチャーキャピタルは、ホームページ上ではキャリア採用を募集していません。

しかし、リクルートダイレクトスカウトを通じて常時メンバーを募集しています。

出所:リクルートダイレクトスカウト

VCはリファラルやハイクラス向けの転職サービスを通じて採用を行うため、ホームページでは採用情報があまり公開されていません。

VCキャリアに興味のある方はVCに強いリクルートダイレクトスカウトを活用すると良いでしょう。

VC、PE、MAなど金融専門職の求人を探すなら
リクルートダイレクトスカウト

有利になる資格

SMBCベンチャーキャピタルをはじめとするVCへの就職・転職に有利になる資格をご紹介します。

資格名有利になる理由とおすすめ記事
証券アナリスト(CMA)収益計算、財務分析に必要な知識が勉強できるから
→【最新版】証券アナリスト資格の試験概要・難易度・勉強時間を解説
→【合格者談】証券アナリストは意味ない?おすすめできる人・できない人を解説
米国証券アナリスト(CFA)高い財務・証券分析と英語力を証明できるから
→CFA資格とは?難易度・勉強法・勉強時間・おすすめのテキストを解説
→CFAは意味ない?メリットを解説【合格者談】
日商簿記財務諸表を読むスキルを証明できるから
経営学修士(MBA)財務、マーケティング、人事など経営に関する体系的な知識を学習できるから

VCに強い転職サービス

SMBCベンチャーキャピタルをはじめとする、ベンチャーキャピタル(VC)への転職を目指す方におすすめの転職サービスはリクルートダイレクトスカウトです。

【サービスのメリット】

  • VC、PE、MAなど金融専門職の求人数と紹介実績はトップクラス
  • サポーターが実務経験者のため雰囲気・条件を精査した上で求人を紹介してくれる
  • 職務経歴書作成、面接対策、条件交渉など転職に関するあらゆるサポートを受けられる

SMBCベンチャーキャピタルの年収

SMBCベンチャーキャピタルの推定年収は以下のとおりです。

ポジション年次年収範囲
アナリスト1〜3年目450〜800万円
アソシエイト4〜8年目800〜1,500万円
VP、ディレクター9年〜1,500万円〜

VC各社によって違いはあれど、概ね同じような報酬体系になると思います。

また、ファンド特有のキャリードインタレスト(ある場合は)を含めると、実質的な給与水準はより高水準になると思われます。

まとめ

今回はSMBCベンチャーキャピタルの投資方針や採用についてお伝えしました。

CVC、VCについてケーススタディ方式でより深く学習したい方は、下記の書籍がおすすめです。

VC実務の解説、日米企業のケーススタディ(Intelやドコモなど)、CVC関係者インタビューが掲載されているため、VC業界への入門書から実務本として活用することができます。

  • 執筆者
  • 執筆者のプロフィール
MY OPTION編集部

資産×キャリア形成メディア「MY OPTION」編集部です。 大手証券会社、総合商社、メガバンク出身者などで構成されています。

  1. 【最新版】楽天の業務内容・強みと弱み・平均年収を解説

  2. 【最新版】伊藤忠テクノロジーベンチャーズの投資先・採用事情・年収を解説

  3. 【最新版】三菱UFJキャピタルの投資先・採用事情・年収を解説

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

PAGE TOP