資産×キャリア×恋愛の選択肢を広げるメディア

IFA転職情報

IFAに転職して失敗する人の特徴とは?IFAとして成功するためのポイントも解説

高い収入と自由な営業スタイルが実現できるとして、近年IFAに転職している人が増えています。

しかし、IFAは必ず成功できる職業ではありません。残念ながら、転職前より年収が低くなってしまい、後悔する方も存在します。

この記事では、IFAに転職して失敗する人の特徴と成功確率を上げる方法についてお伝えしていきます。

IFAになるなら「IFA PASS」で!

IFA転職サービス「IFA PASS」

IFA業界と実務をもっともよく知る現役IFAチームがキャリア相談を承ります!

IFAに転職して失敗する人の特徴

はじめに、IFAに転職して失敗する人の特徴をお伝えしていきます。

さまざまありますが、代表的な特徴は次の5つです。

【IFAに転職して失敗する人の特徴】

  • 受動的に仕事をしている人
  • お客様ベースの営業ができない人
  • コンプライアンス意識が弱い人
  • 会社のブランド・商品力のみで勝負していた人
  • IFAについて正しく理解していなかった人

※あくまで傾向の話なので、いずれかに該当するからといってIFAとして必ず失敗する訳では当然ありません。

受動的に仕事をしている人

IFAに転職して失敗する人の特徴としては、受動的に仕事していた人が挙げられます。

IFAはあらゆる業務を自分の裁量で行うため、常に考えて仕事しないといけません。考えることの例としては次のようなことが挙げられます。

【IFAになってから一層考えるようになること】

  • どのような手法で営業するか?
  • どんな商品を提案するか?
  • 自分で営業するか、他者と連携するか?
  • 会社のリソースをどこまで活用するか?
  • 営業・事務・情報収集・会食などそれぞれにどの程度時間を使うのか?

もちろん、証券会社や銀行の営業員でも上記のことを考えた上で仕事している方もいるでしょう。しかし、営業ルートや提案商品などはある程度決まっている上で営業している方も多いと思います。

自由度の高いIFAは、より高いレベルの自主性が要求されます。自ら考えて仕事をすることが苦手な方は、IFAに転職しても失敗しやすいと言えるでしょう。

お客様ベースの営業ができない人

お客様ベースの営業ができない人は、IFAに転職しても失敗する可能性が高いです。

証券営業では、ノルマをこなすために回転売買を強いられる場合があります。回転売買が通用する関係を築けている点では、優秀な営業員であることは間違いありません。

しかし、IFAは信頼が全てです。一度でも顧客に不信感を持たれると関係性は終わってしまいます。転勤によって顧客関係がリセットされる金融機関とは異なるのです。

そのため、お客様ベースの営業ができない人は、IFAに転職しても続かないと思われます。

コンプライアンス意識が弱い

コンプライアンス意識が弱い人も、IFAになってから失敗するケースがあります。失敗というより、問題を起こして退場せざるを得ない事態に陥るのです。

証券会社や銀行では、取引の際に適合性の原則を入念にチェックします。

適合性の原則とは、「お客様の知識や資産、投資目的等に応じた説明・販売をしなければならない」というルールです。金融事故を起こさないためには当然のことと言えます。

IFAは自由度が高い営業ができる反面、適合性の原則をしっかり監視する体制は金融機関と比較するとまだまだ弱いのが現状です。

IFA自身がコンプライアンス意識をしっかり持って活動しないと、大きな金融事故に繋がってしまいます。

会社のブランド・商品力のみで勝負していた人

会社のブランド・商品力のみで勝負していた人は、IFAになってもなかなか成果はでないでしょう。

「〇〇証券さんだからすぐに取引しよう」「〇〇銀行さんだからお話を聞こう」ほどではなくても、会社のブランドを気にするお客様はいらっしゃいます。新興企業より、大手企業と取引されたい顧客心理は何ら不自然ではありません。

IFA自身に置き換えると、会社のブランドを捨てて、自身の力で勝負する必要があるということです。自分という商品をお客様に気に入っていただく必要があるのです。

そのため、これまで所属先の会社のブランドや商品力のみで勝負していた人は、IFAに転職してから苦労する可能性があります。

IFAについて正しく理解していなかった

IFAについて正しく理解していなかった場合も失敗事例としてよくあります。

  • 顧客紹介サポート制度
  • バック率
  • 事務サポート
  • 経費精算

IFAになる前は楽観的にイメージしていたことが、実が意外とシビアだったケースも少なくありません(想定よりバック率が低かったり、事務サポートがなかったりなど)

あらかじめ全て採用面談の段階で入念に聞いておくか、転職サービスを活用することでIFAについて正しく理解することが重要です。

IFAへの転職に興味がある方は、【IFA PASS】がおすすめです。

現役IFAがキャリアアドバイザーを務めているので、IFAのやりがいや厳しさを深く共有することが可能です。

また、200社以上から厳選した条件の良い優良法人としか提携していないため、【IFA PASS】を通じて転職された方で条件面を不満に持つ可能性は絶対にありません。

IFAの情報収集だけでも大歓迎!

IFAとして成功する確率を上げる方法

ここまでIFAとして失敗しやすい人の特徴を挙げました。

仮に該当してしまっても、IFAとして成功する可能性は十分あります。(全て該当していたら難しいかもしれませんが…)

そこで、IFAとして成功する確率を少しでも上げるための方法をお伝えします。

【IFAとして成功するためのポイント】

  • 幅広い商品知識を身につける
  • 士業と連携する
  • サポート体制が充実したIFA法人に所属する

幅広い商品知識を身につける

IFAとして成功する確率を上げる方法として、幅広い商品知識を身につけることが挙げられます。

IFAは、株式や投資信託などの金融商品に強みを持つ一方で、保険商品や不動産も扱うことができます。ただし、資格がないと提案できませんし、知識がないと営業もできません。

金融商品は富裕層を相手に提案するのがメインですが、保険や不動産であれば一般層にもアプローチできるので、ターゲット層をより広げて営業することができます。

アプローチ先は多ければ多いほど営業としては成果が出やすいので、幅広い商品知識を身につけておくと良いでしょう。

士業と連携する

士業と連携することでも、IFAとして成功する確率を高めることができます。

IFAの主な顧客層は経営者です。経営者と付き合いの深い税理士や弁護士と連携すれば、お客様をご紹介いただける可能性があります。

実際に士業の先生方と積極的に連携して成功しているIFAを複数名知っていますが、互いにお客様をご紹介し合う体制が整っており、とても効率と提案効果の良い営業を行っています。

色々な士業と連携し、お客様をご紹介いただける体制を整備しておくと良いでしょう。

サポート体制が充実したIFA法人に所属する

IFAは会社からの支援なしで孤軍奮闘しているイメージがありますが、サポート体制が充実しているIFA法人もあります。

Web広告やセミナー集客を積極的に行いIFAに担当を任せるIFA法人もあれば、IFA法人が提携している士業からの紹介もあります。

IFA法人としても、所属IFAに成功してもらった方が自社の売上増に貢献するため、今ではサポート体制を充実させている会社は少なくありません。

IFAとして成功する確率を上げるためには、所属先の支援体制を確認しておくことも重要です。

まとめ

今回は、IFAへの転職で失敗する人の特徴と成功確率を上げる方法をお伝えしました。

TwitterやYouTubeを見ていると、IFAは華やかな世界ばかりで夢が広がると思います。しかし、誰でも成功できる業界ではありません。

とはいえ、金融業界での営業経験をお持ちの方であれば誰でも成功できるポテンシャルを秘めているので、過度に悲観せず、情報収集することおすすめします。

IFAへの転職、IFA法人の移籍を検討している方は【IFA PASS】にお気軽にご相談ください。

現役IFAチームがキャリアアドバイザーとして、相談者様の意向に沿った最適なIFA法人をご紹介します。

IFAになるなら「IFA PASS」で!

IFA転職サービス「IFA PASS」

IFA業界と実務をもっともよく知る現役IFAチームがキャリア相談を承ります!

  • 執筆者
  • 執筆者のプロフィール
MY OPTION編集部

資産×キャリア形成メディア「MY OPTION」編集部です。 大手証券会社、総合商社、メガバンク出身者などで構成されています。

  1. 【最新版】メタルワンの事業内容・強みと弱み・平均年収を解説

  2. 広告マン(電通・博報堂)がモテる3つの理由と合コン事情を解説

  3. 【FP解説】変額保険は何歳まで加入するべき?老後資金が準備できるのか?

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

PAGE TOP