資産×キャリア形成に役立つメディア

債券

仕組債はネットで購入すべき?取引できる証券会社も解説

昨今、富裕層だけではなく資産運用初心者の皆さんも、仕組債投資に興味をもたれてれる方が多いです。

今回は仕組債を購入する際にネットで仕組債を購入すべきかについて解説します。

仕組債はネットで買える

仕組債は対面証券(総合証券)やネット証券のどちらでも購入可能です。

元々仕組債は機関投資家などの一部大口顧客だけを対象に、完全オーダーメイド型でしか販売されていませんでした。

しかし、徐々にオーダーメイド型だけではなく、「既成品」「汎用型」と言われる仕組債が販売され、今では一般投資家も気軽に購入できるようになりました。

ネット証券の台頭もあり、今ではインターネットを通じてオンラインで簡単に仕組債を購入できます。

仕組債はネットで購入すべき?

確かに仕組債はオンラインで簡単に購入できますが、「ハイリスクハイリターン」と言われている金融商品です。

ネットで購入しても問題ないのでしょうか。この点を深掘りしていきます。

高度な金融知識と相場理解が要求される

仕組債は商品の構造上非常に複雑な金融商品ですので、高度な金融知識と相場全体の動向を把握する能力が要求されます。

仕組債はスワップやオプションなどのデリバティブ(金融派生商品)を利用することで、高いクーポン(利子)を得られる金融商品です。

スワップとは、金利(固定金利と変動金利)や通貨(円とその他の外貨)を交換する取引です。スワップを利用して、金利が低下したときに受け取る利息が増える(逆に金利が上昇すると受け取る利息が減る)といった仕組債があります。

スワップなどの高度な金融知識が必要であり、また金利や為替動向を冷静に観察できる洞察力も必要なのです。

プロの意見を尋ねるべき

仕組債はとても複雑な金融商品ですので、プロの意見を聞いたうえで購入することをおすすめします。

ネット証券などを利用して、オンライン取引する際の最大のデメリットは、全て自分で投資判断して、銘柄などを決定しなければならない点です。一方、仕組債は投資経験者でも、その複雑な商品内容全てを理解するのは難しいです。

そのような仕組債特有の商品性を考慮しても、資産運用のプロなどの意見を聞きながら、投資する仕組債を選択するのがとても大切です。

ネットでの仕組債取引が向いている方

ネットで仕組債取引できるのは、やはりデリバティブなどの金融知識が豊富で、

相場全体をしっかり理解している資産運用実績のある方に限られます。

オプションについて深い知識がある方

デリバティブを利用する仕組債では、特にオプションついて深い知識が必要です。

オプションとは、あらかじめ約束した価格で、1ヶ月後、1年後など将来に売ったり買ったりできる権利をいいます。

例えば、株価があらかじめ定められた価格を下回ったときに、この権利行使で償還金が減額するような仕組債がたくさん販売されています。

そのため、内包されているオプションの性質が仕組債の損益に直結しますので、オプションについて深い知識がある方であれば、ネットで取引でも問題ありません。

現行の相場動向を熟知している方

仕組債は、購入後の相場動向を予測する側面は当然あります。将来の動向を予測するには、現在の「立ち位置」となる現状を適切に把握しなければなりません。

例えば、永遠に好景気や不景気は続かないように、相場でも上昇局面・下落局面はあります。

そのような意味でも、現行の相場動向に熟知している必要があります。

ネットで仕組債が購入できる証券会社

ネットで仕組債を購入できる証券会社は多数あります。 今回は主なネット証券4社を紹介します。

SBI証券 

SBI 証券はネット証券では最大手の証券会社、証券業界でも第6位・証券口座数では第1位です。 SBI 証券ではEB債、株価連動債、指数連動債などを販売しています。

楽天証券

楽天証券はネット証券ではSBI 証券に次ぐ最大手の証券会社で、証券業界でも第7位・証券口座数では第3位です。楽天スーパーポイントが付与されるのが大きな特徴で、楽天証券で仕組債を購入される方も多いです。

マネックス証券

マネックス証券もネット証券最大手の証券会社で、証券口座数では第6位です。

マネックス証券は、多くの外国株式や外国債券を取り扱っているが特徴のネット証券でであり、仕組債も豊富にラインナップしています。

松井証券

SBI 証券は歴史のある老舗証券で、近年はネット取引に注力しています。

証券業界でも第10位、証券口座数では第8位です。 取引手数料が業界最安値と言われる証券会社です。

まとめ

今回は、仕組債をネットで購入するべきかにスポットをあてて解説しました。

ネット証券などを活用したオンライン取引は、自分の都合に合わせて「24時間いつでもどこからでも取引可能」というのが最大のメリットです。

しかし、仕組債は複雑な金融商品ですので、自分だけの投資判断に頼るのは危険です。

仕組債の件など、何かご不明な点やお困りのことがありましたら、信頼できるプロの意見を聞いておくだけでも損はないはずです。

  • 執筆者
  • 執筆者のプロフィール
MY OPTION編集部

資産×キャリア形成メディア「MY OPTION」編集部です。 大手証券会社、総合商社、メガバンク出身者などで構成されています。

  1. 【最新版】楽天の業務内容・強みと弱み・平均年収を解説

  2. 【最新版】伊藤忠テクノロジーベンチャーズの投資先・採用事情・年収を解説

  3. 【最新版】三菱UFJキャピタルの投資先・採用事情・年収を解説

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

PAGE TOP