資産×キャリア×恋愛の選択肢を広げるメディア

銀行

【最新版】広島銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収を解説

この記事では、広島銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収をお伝えします。

広島銀行とは

広島銀行とは、広島県広島市中区に本店を置く地方銀行です。

会社名株式会社広島銀行
代表者清宗 一男(代表取締役頭取)
所在地広島市中区紙屋町一丁目3番8号
社員数3,357名(2022年3月)
会社HPhttps://www.hirogin.co.jp/

広島銀行の業務内容

広島銀行の業務内容を見ていきましょう。

【広島銀行の業務内容】

  • 預金業務
  • 貸出業務
  • 商品有価証券売買業務
  • 有価証券投資業務
  • 内国為替業務
  • 外国為替業務
  • 公社債受託業務
  • 信託本体業務
  • 附帯業務

それぞれ詳しくみていきます。

預金業務

預金業務では、個人・法人顧客に対して預金サービスを提供しています。提供している預金の種類は次の通りです。

【預金商品の種類】

当座預金、普通預金、貯蓄預金、通知預金、定期預金、別段預金、納税準備預金、非居住者円預金、外貨預金、譲渡性預金

貸出業務

貸出業務では、法人顧客に対して貸付と手形の割引を提供しています。

貸付では手形貸付、証書貸付、当座貸越を取り扱っており、手形割引では銀行引受手形、商業手形及び荷付為替手形の割引を取り扱っています。

商品有価証券売買業務

商品有価証券売買業務では、国債等公共債の売買業務を行っています。

有価証券投資業務

有価証券投資業務では、預金の支払準備及び資金運用のため国債、地方債、社債、株式、その他の証券に投資しています。

マーケット部門が担当する業務です。

内国為替業務

内国為替業務では、振込、送金及び代金取立等を取り扱っています。

外国為替業務

外国為替業務では、輸出、輸入及び外国送金その他外国為替に関する各種業務を行っています。

公社債受託業務

公社債受託業務では、社債の受託業務、公債の募集受託に関する業務を行っています。

信託本体業務

信託本体業務では、動産の信託、土地信託、不動産管理信託、特定贈与信託、公益信託、合同運用指定金銭信託、特約付き金銭信託、金銭債権の信託を取り扱っています。

附帯業務

附帯業務では、上記の業務に附帯する様々な業務を行います。具体的には次のような業務です。

  1. 代理業務
  2. 保護預り及び貸金庫業務
  3. 有価証券の貸付
  4. 債務の保証(支払承諾)
  5. 金の売買
  6. 公共債の引受
  7. 国債等公共債及び証券投資信託の窓口販売
  8. 保険商品の窓口販売業務
  9. 金融商品仲介業務
  10. クレジットカード業務
  11. コマーシャル・ペーパー等の取り扱い
  12. 確定拠出年金の運営管理業務

広島銀行の強み

次に、広島銀行の強みと弱みを見ていきます。

強みから見ていきましょう。

広島県No.1シェア

広島銀行の強みとして、広島県での高いシェアが挙げられます。

広島銀行は広島県内の貸出金シェアは毎年37%前後を占めており、トップシェアを誇っています。

高いプレゼンスは営業や採用活動のしやすさに直結し、さらにシェアを拡大することにつながります。

広島銀行には、広島で金融ビジネスを展開するための確固な顧客基盤があるのです。

商品・サービスの幅広さ

商品・サービスの幅広さも広島銀行の強みです。

広島銀行はグループ会社にリース会社やカードサービス会社、ベンチャーキャピタルなどを有しているため、幅広い金融サービスを提供することができます。

出典:ひろぎんホールディングス|会社説明会資料

一つのグループで資産に関する悩みにトータルアプローチできるため、高い付加価値と顧客満足度を維持することができます。

広島銀行の弱み

財務基盤の弱さ

広島銀行の弱みとして、財務基盤の弱さが挙げられます。

広島銀行の親会社であるひろぎんホールディングスの2022年3月時点での自己資本比率は10.37%であり、銀行としては低い水準です。

出典:ひろぎんホールディングス|会社説明会資料(2021年)

自己資本の低さはM&Aや事業投資への資金の少なさを意味するので、事業環境の変化が激しい現代においては機動的な経営が行いづらくなってしまいます。

金利環境の悪さ

金利環境の悪さも広島銀行の弱みです。

広島銀行に限らず金融業界全体に言えることですが、日本は近年金利が絶望的な水準で推移しているため、貸出収益が低い水準が続いています。

こればっかりはマクロ経済要因なのでどうしようもないですが、従来の銀行ビジネス以外の収益源が必要となってくるでしょう。

広島銀行の平均年収

次に、広島銀行の平均年収についてみていきます。

今回は広島銀行が公表している有価証券報告書と、口コミサイトに記載されている平均年収を参考にしています。

有価証券報告書でみる平均年収

広島銀行が公表している有価証券報告書に平均年収の記載があります。

【広島銀行の平均年収(有報)】

  • 平均年収:6,493,000円
  • 平均勤続年数:16.0年
  • 平均年齢:39.6歳

参考:広島銀行|有価証券報告書

有価証券報告書によると、広島銀行の平均年収は649万円であることが分かります。

口コミサイトでみる平均年収

次に、口コミサイトのOpenWorkで広島銀行の平均年収をみてみましょう。

【広島銀行の平均年収(口コミ)】

回答者の平均年収:503万円

参考:OpenWork(2022年9月3日)

有報の年収より低いですが、回答者の多くが若手や中堅であることを踏まえると、納得できる値だと思います。

評価体系・賞与について

3年⽬の7⽉に年収500万程度へ昇級し、その後は実⼒次第。課⻑クラスになると年収1000万になるため、モチベーションは保てる。

⼊社1年⽬はボーナスは1桁。300万円弱。2年⽬のボーナスは、1か⽉分。3年⽬の夏から昇格すれば2ヵ⽉分。約60万から70万。5年⽬で年収は約500万円くらい。順調に昇格すれば、5年⽬で年収が500万円を超える。

営業成績を上げないと昇格しない。内勤の事務の⼈間で、事務管理をしっかりとしていてもそれは当たり前のことだと評価されプラス評価にはならない。営業成績を上げないと結局評価されない。

広島銀行の新卒採用

広島銀行の新卒採用事情についてみていきます。新卒で広島銀行を目指す学生はご活用ください。

募集職種

Aコース勤務地域を限定しないコース
Lコース原則、転居転勤をともなわない勤務地域を限定するコース

採用フロー

【広島銀行の採用フロー】

  1. プレエントリー
  2. ES提出
  3. 適性検査
  4. 個人面接(複数回)
  5. 内々定

初任給・福利厚生

【広島銀行の初任給】

  • Aコース→大卒:205,000円、短大卒:170,000円
  • Lコース→大卒:190,000円、短大卒:165,000円
生活関連制度社宅制度、独身寮
休暇関連制度年次有給休暇、リフレッシュ休暇、出産・育児休暇
資産関連制度退職一時金制度、財形貯蓄制度、持株会制度

広島銀行への転職

次に、広島銀行への転職を目指す方に向けて、同行のキャリア採用情報をお伝えします。

中途採用での募集職種

  • 正行員
  • 契約職員採用(エキスパート)
  • 契約職員採用(スペシャリスト)

有利になる資格

広島銀行へ転職するにあたって有利になる資格は次の通りです。

資格名有利になる理由
銀行業務検定銀行業務に必要な知識、技能を証明できる
簿記検定銀行員に必要な経理・財務知識を証明できる
FPリーテル業務に必要な知識を証明できる
証券外務員入行する上で取得必須であるため、熱意を証明できる
証券アナリスト財務・金融知識を体系的に学習できる上、難関資格であり知識を証明できる
↑リンク先で各資格の勉強法や活用法に関する記事をチェックできます。

転職した人の評判

広島でのプレゼンスはとても高いので、営業もしやすくやりがいはあります。職場では辛いことがたくさんありますが、お客様に感謝された時はとても嬉しいですね。

産休や育休は他の銀行よりも長く取れるので、家庭も充実させることができます。女性管理職も増えているので、キャリアウーマンを目指すこともできます。

働き方改革の推進が進んでおり、しっかり休みは取ることができます。時々地域貢献のためのイベントを土日に参加することになりますが、基本的にはカレンダー通り休むことができます。

まとめ

この記事では広島銀行の業務内容・強みと弱み・平均年収などを解説しました。

広島県を中心に高いプレゼンスを誇っている広島銀行は、地方銀行として地域に密着した金融ビジネスを展開しています。

広島で働きたい方、銀行員として働きたい方は、広島銀行への転職を検討してみてはいかがでしょうか。

地方銀行への転職に興味のある方は、【金融キャリアパス】がおすすめです。

金融業界出身のキャリアアドバイザーが、キャリア相談を承ります。

  • 執筆者
  • 執筆者のプロフィール
MY OPTION編集部

資産×キャリア形成メディア「MY OPTION」編集部です。 大手証券会社、総合商社、メガバンク出身者などで構成されています。

  1. 【最新版】メタルワンの事業内容・強みと弱み・平均年収を解説

  2. 広告マン(電通・博報堂)がモテる3つの理由と合コン事情を解説

  3. 【FP解説】変額保険は何歳まで加入するべき?老後資金が準備できるのか?

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

PAGE TOP