資産×キャリア×恋愛の選択肢を広げるメディア

アセマネ

【最新版】三菱UFJ国際投信の業務内容・強みと弱み・平均年収

この記事では三菱UFJ国際投信の業務内容・強みと弱み・平均年収をお伝えしていきます。

三菱UFJ国際投信とは

三菱UFJ国際投信とは、三菱UFJグループの資産運用会社です。

会社名三菱UFJ国際投信株式会社
代表者横川 直(取締役社長)
所在地東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル4階
社員数808名(2021年9月)
URLhttps://www.am.mufg.jp/

三菱UFJ国際投信の業務内容

三菱UFJ国際投信の業務内容をみていきましょう。

主な業務内容は次の3つです。

【三菱UFJ国際投信の業務内容】

  • 営業業務
  • 商品業務
  • 運用業務

営業業務

営業業務では、顧客となる投資家の運用ニーズの収集と、販売会社のフォローを行います。

顧客が今どんな商品を求めているのか、その時々の市況と照らし合わせながら考察していきます。

また、三菱UFJ国際投信は直接顧客に投資信託を販売するのではなく、販売会社(証券会社・銀行等)を通じて商品を販売していきます。

出典:三菱UFJ国際投信「MISSION」

そのため、販売会社が自社商品を積極的に取り扱ってくれるように、日々情報提供などのフォローを行います。

商品業務

商品業務では、営業を通じて得た情報をもとに、商品コンセプトの策定や、商品を販売するにあたって必要な資料を作成していきます。

投資信託が産声を上げるための骨格や肉付けを行っていくので、クリエイティブな能力が要求されます。社内各部門と積極的に連携し、頭の中のアイディアを形にしていく必要もあるので、社交性も重要です。

また、投資信託を組成・販売するにあたって必要な書類は数多くあります。

  • 約款
  • 目論見書
  • 販売用資料

などを作成していきます。

運用業務

運用業務では、実際に投資信託の中身である株式や債券を売買し、ポートフォリオを調整していきます。

実際に運用方針や取引を行うフォンドマネージャー、投資戦略を決めるストラテジスト、そして市場や企業を分析するアナリストの3者が情報交換を行うことで、リターンの最大化に努めていきます。

出典:三菱UFJ国際投信「」

三菱UFJ国際投信の強み

次に、三菱UFJ国際投信の強みと弱みをお伝えしていきます。

強みからみていきましょう。

三菱UFJグループの販路

三菱UFJ国際投信の強みとしては、三菱UFJグループの販売チャネルがあります。

グループ内に大手証券会社と銀行がいるので、定期的に運用残高の流入が見込めます。運用会社としてはこれはかなりの強みです。

商品力

商品力も三菱UFJ国際投信の強みです。

MORNINGSTAR社が提供している投資信託ランキングによると、なんと3つの商品が「純資産ランキングTOP10」にランクインしています。(2022年8月20日時点)

出典:モーニングスター「ファンドランキング」

盤石な商品ラインナップ、運用基盤が結果に現れていますね。

三菱UFJ国際投信の弱み

意思決定の遅さ

意思決定の遅さは三菱UFJ国際投信の弱みと言えます。

財閥系企業あるあるですが、新規事業投資やM&Aへの意思決定が遅いので、成長速度はかなり緩やかな印象です。商品開発スピードも遅く、トレンドを後追いするケースもしばしば。

母体となる三菱UFJフィナンシャル・ホールディングスは国際的にM&Aを進めているので、グループ全体で見れば成長投資に積極的だと解釈できますが、同社自体には目立った投資案件ありません。

収益力の低さ

三菱UFJ国際投信の弱みとしては、収益力の低さも挙げられます。

同社のヒット商品の多くはインデックスファンドです。残高の割に収益が少なく、体力勝負になっている側面があります。

財務基盤も人的リソースも恵まれているので会社として危うい状況では到底ないものの、しっかり収益を取れるアクティブファンドの開発は課題と言えるでしょう。

三菱UFJ国際投信の平均年収

次に、三菱UFJ国際投信の平均年収についてみていきます。

今回は同社が公表している財務情報と、口コミサイトに記載されている平均年収を参考にしています。

財務情報でみる平均年収

三菱UFJ国際投信は、投資信託協会の規定に基づいて財務状況を報告しています。

損益計算書のなかの給料項目を、同時期の社員数で除することで、1人あたりの平均年収を求めることができます。

【三菱UFJ国際投信の平均年収(報告書)】

給料(6,461,546,000円)÷社員数(808名)=7,996,962円

参考:三菱UFJ国際投信「正会員の財務状況等に関する届出書2022」

届出書によると、三菱UFJ国際投信の平均年収は約800万円だということが分かります。十分高いですが、もっと高くてもいいような気がしますね…

口コミサイトでみる平均年収

次に、口コミサイトのOpenWorkで三菱UFJ国際投信の平均年収をみてみましょう。

【三菱UFJ国際投信の平均年収(口コミ)】

平均年収:802万円

参考:OpenWork(2022年8月20日時点)

届出書と同じような値になりましたね。回答者の多くは若手や中堅だと考えられるので実体は上振れるでしょう。

三菱UFJ国際投信の新卒採用

三菱UFJ国際投信の新卒採用情報をお伝えします。新卒で運用会社を目指す学生はご活用ください。

職務内容

総合職/業務職:公募および私募投資信託の運用業務、開発業務、営業業務など。

採用フロー

採用フローは次の通りです。

【三菱UFJ国際投信の採用フロー】

  1. 会社説明会
  2. Webテスト
  3. ES提出
  4. 個別面接(複数回)

初任給・福利厚生

三菱UFJ国際投信の初任給と福利厚生は次のとおりです。

【三菱UFJ国際投信の初任給】

  • 総合職:大卒236,000円
  • 総合職:院卒266,000円
  • 業務職:200,000円
生活関連制度福利厚生倶楽部法人契約、昼食費補助、保育費補助、独身寮(東中野・久が原)
休暇関連制度完全週休2日制、年次有給休暇(12日~20日)、連続休暇制度、永年勤続特別休暇、慶弔休暇、産前産後休業、育児休業、介護休業
資産関連制度確定拠出年金制度・退職一時金制度、財形貯蓄制度

三菱UFJ国際投信への転職

次に、三菱UFJ国際投信への転職を目指す方に向けて、同社のキャリア採用情報をお伝えします。

中途採用での募集職種

三菱UFJ国際投信では、中途採用を人材紹介会社経由でのみ募集しています。

そのため、アセットマネジメントをはじめとする金融業界に強い転職サービスを利用すると良いでしょう。

有利になる資格

三菱UFJ国際投信へ転職するにあたって有利になる資格は次の通りです。

  • TOEIC:調査・運用業務では英語能力が必要になるため
  • 証券アナリスト(CMA):高い分析力が必要になり、運用知識を学習できる数少ない資格であるため
  • 米国証券アナリスト(CFA):国際的な認知度が高く、英語力と金融知識を同時に証明できるため

証券アナリストについては、勉強法やおすすめの教材を発信している記事があるので、併せて読んでみてください。

社員の評判

職場の人間関係は良好であり、良い雰囲気で仕事ができます。よくSNSではアセマネはゆったりしていると言われますが、概ねあっていると思います。
当社の場合は個人評価も同期内でそこまで大きく変わらないので、給料も横並びです。

おそらく金融職のなかで最も女性が働きやすい環境なのではないでしょうか。
産休、育休、長期休暇は当たり前のように取得できます。大手金融グループだけあり、環境は整備されています。
女性であれば営業やマーケティング職の方が多いのですが、運用サイドにも女性はいるので幅広い業務が経験できると思います。

ワークライフバランスは総じて良いです。もちろん繁忙期や取引先都合のイベントが発生した際は忙しいですが、それでも残業が一定程度発生するぐらいであり、許容範囲です。

三菱UFJ国際投信の代表的な商品

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

  • S&P500指数(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果をめざして運用を行います。
  • 主として対象インデックスに採用されている米国の株式に投資を行います。
  • 為替ヘッジは行いません。
銘柄名比率
APPLE6.8%
MICROSOFT5.8%
AMAZON3.0%
TESLA2.0%
ALPHABET A1.9%
ALPHABET C1.8%
BERKSHRE HATHAWAY1.5%
UNITEDHEALTH1.4%
JOHNSON & JOHNSON1.3%
NVIDIA1.3%
出典:三菱UFJ国際投信「月次レポート(8月)」

サイバーセキュリティ株式オープン

  • 主として日本を含む世界のサイバーセキュリティ関連企業の株式で運用
  • 株式等の運用にあたっては、ヴォヤ・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシーが行う
  • 「為替ヘッジあり」「為替ヘッジなし」を選択可能

2022年7月末の組入上位銘柄は下記のとおりです。

銘柄名比率
マイクロソフト8.2%
パロアルトネットワークス5.7%
フォーティネット4.9%
クラウドストライク4.8%
ノートンライフロック4.7%
アルファベット4.2%
アップル4.0%
データドッグ3.8%
ゼットスケーラー3.4%
マイクロンテクノロジー3.3%
出典:三菱UFJ国際投信「月次レポート(8月)」

グローバル・ソブリン・オープン

  • 世界主要先進国の、信用力の高いソブリン債券を主要投資対象とし、国際分散投資を行う
  • 安定的な利子収入の確保と、金利・為替見通しに基づく運用戦略により、収益の獲得を目指す

まとめ

この記事では、三菱UFJ国際投信の業務内容・強みと弱み・平均年収をお伝えしました。

三菱UFJ国際投信は三菱UFJグループの運用会社であり、人気の高い投資信託を数多く運用しています。

ファンドマネージャーやセールスに興味のある方は、三菱UFJ国際投信をはじめとする運用会社への転職を目指してみてはいかがでしょうか。

証券会社などから運用業界への転職に興味のある方は、【金融キャリア転職】がおすすめです。

金融業界出身者のキャリアアドバイザーが、運用業界への転職サポートします。

  • 執筆者
  • 執筆者のプロフィール
MY OPTION編集部

資産×キャリア形成メディア「MY OPTION」編集部です。 大手証券会社、総合商社、メガバンク出身者などで構成されています。

  1. 【最新版】メタルワンの事業内容・強みと弱み・平均年収を解説

  2. 広告マン(電通・博報堂)がモテる3つの理由と合コン事情を解説

  3. 【FP解説】変額保険は何歳まで加入するべき?老後資金が準備できるのか?

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

PAGE TOP