資産×キャリア×恋愛の選択肢を広げるメディア

生命保険

【最新版】大樹生命の事業内容・強みと弱み・平均年収を解説

今回は大樹生命の事業内容・強みと弱み・平均年収などをお伝えしていきます。

大樹生命への就職/転職を目指している方はご参考ください。

大樹生命とは

大樹生命とは、日本生命保険グループに属する生命保険会社です。

2019年4月1日に、「三井生命保険」から「大樹生命保険」へと改称しました。

会社名大樹生命保険株式会社
代表者吉村 俊哉(代表取締役社長)
所在地東京都江東区青海1-1-20 ダイバーシティ東京オフィスタワー
社員数11,536名
会社HPhttps://www.taiju-life.co.jp/

大樹生命の事業内容

大樹生命の事業内容を見ていきましょう。

【大樹生命の事業内容】

  • 保障事業
  • 資産運用事業

保障事業

保障事業では、お客様に万一の事態が起きた際に保険金・給付金をお支払いする保険商品を提供します。

  • 死亡保険:被保険者が死亡した場合に備える
  • 生存保険:一定年齢まで生存していた場合に支払われる
  • 生死混合保険:万一への備えと将来のための貯蓄機能を併せ持つ

3つの保険商品をお客様のニーズ合わせて提供することで、お客様の暮らしを支えていきます。

資産運用事業

資産運用事業では、お客様からお預かりした保険料を運用することで、大樹生命の収益基盤を強化しています。

約7兆円の運用資産を有する大樹生命は、機関投資家としての役割も担っているのです。

保険業界や保険業務についてより深く知りたい方は、下記の書籍がおすすめです。

図解で分かりやすく解説されていることに加え、業界のトレンドや保険サービスを体系的に説明しています。

大樹生命の強み

次に、大樹生命の強みと弱みを見ていきます。

三井グループの顧客基盤

大樹生命の強みとして、三井グループの基盤が挙げられます。

三井グループの一員であることで、鹿島建設や東芝などの有名企業とも取引しています。

大手企業との顧客基盤だけでなく、個人顧客にも三井のブランドは浸透しているので、営業員はスムーズに取引することができます。

日本生命グループの安心感

日本生命グループの安心感も大樹生命の強みです。

日本生命に買収されたことで財務基盤が盤石になり、信用力・格付けが向上しました。

より有利な条件で借入がしやすくなったので、今後設備投資等の資金需要が発生しても無理なく資金調達できるでしょう。

大樹生命の弱み

新社名の認知度

大樹生命の弱みとして、”大樹生命”という新社名の認知度の低さが挙げられます。

説明して初めて三井と日本生命をバックに持つ保険会社とわかってもらえますが、初見では新興企業と勘違いされてしまうでしょう。

会社名が浸透していないことは、新規開拓時に弱みとなってくるでしょう。

意思決定スピード

意思決定のスピードも大樹生命の弱みです。

財閥企業として顔を持ち。大手金融グループの一員であることから、経営判断はとても慎重になってしまいます。

業界変化が激しいなかで、事業スピードの遅さは致命的になりかねないので、意思決定の早さは改善していく必要があるでしょう。

大樹生命の平均年収

大樹生命の平均年収についてみていきます。

今回は大樹生命が公表している有価証券報告書と、口コミサイトに記載されている平均年収を参考にしています。

有価証券報告書でみる平均年収

大樹生命の年収は有価証券報告書に記載されています。年収に関する唯一の公式資料ですから確認すべきです。

日本生命グループ傘下になり、有価証券報告書を公表していません。やや古いデータである点にご留意ください。

【大樹生命の平均年収(有報)】

  • 内務職員:658万円
  • 営業職員:375万円

引用元:大樹生命|有価証券報告書2015年

大樹生命は内務職員は658万円と業界でも高いものの、営業職員は低い水準にあります。

生保レディと呼ばれる若い女性や主婦さんを営業職員として多く採用したことが、平均年収を低下させている要因だと思われます。

口コミサイトでみる平均年収

次に、口コミサイトで大樹生命の年収を確認してみましょう。

【大樹生命の平均年収(口コミ)】

回答者の平均年収:473万円

引用元:openwork(2022年9月15日)

口コミサイトによると、大樹生命の年収は473万円です。回答者の多くが若手・中堅であることを踏まえると、妥当な水準でしょう。

年収・賞与について

新⼈は保証給があります 保証給がなくなってからは完全歩合制です。ですので⾃分に厳しくスケジュール管理ができ、新⼈の時に顧客を多く獲得していれば 給料は安定します。

10年⽬そこそこまでは定期的に昇給します。営業部⻑職ですと、20代後半から30歳半ばで1000万円超えます。それ以後は評価や昇格により変動します。そこまでで900万円弱にはなります。

⼤⼿他社と⽐べると⾒劣りするものの、とは⾔っても⾦融業界であるため、給与としては悪くはないと思う。また住宅補助が充実しており、全国転勤ありの総合職の場合、家賃の7〜8割ほどを会社負担で⽣活することができる。

大樹生命の新卒採用

大樹生命に新卒入社を目指す学生に向けて、新卒採用情報をお伝えしていきます。

募集職種

総合職(機関経営コース)保険営業・営業部マネジメントの基礎を学び、早期に「営業部長」への任用を目指します。
総合職(総合コース)様々な職務経験を通じ、自らの専門性を高め、本社・支社含め各分野におけるプロフェッショナル人材として活躍を目指します。
エリア総合職(総合コース)転居を伴う転勤をせず、様々なキャリアを積み、専門性を発揮するプロフェッショナル人材として活躍を目指します。

採用フロー

【大樹生命の採用フロー】

  1. エントリー
  2. 会社説明会
  3. ES提出
  4. 適性検査
  5. 面接(個別/グループ)
  6. 内々定

初任給・福利厚生

【大樹生命の初任給】

  • 大卒:250,000円
  • 院卒:278,000円
生活関連制度独身寮、社宅、ラフォーレ倶楽部
休暇関連制度特別休暇、記念日休暇、産前産後休暇、育児・介護休業
資産関連制度各種社会保険完備、財形貯蓄

大樹生命への転職

大樹生命への転職を目指す方に向けて、同社のキャリア採用情報をお伝えします。

募集職種

大樹生命は2022年9月時点で、中途採用において下記の職種を募集しています。

ライフコンサルタント個人・企業を問わず、総合的なコンサルティングサービスを行う仕事
サービスパートナー、保険の販売をする仕事ではなく、大樹生命保険にご加入いただいているお客さまに対するアフターサービス訪問を行う
ファイナンシャル・アドバイザー長期的な信頼関係のもと、お客さまの経済上の目標達成をお手伝いする仕事
サービスコンサルティングお客さま窓口として、アフターフォローおよび情報提供を通じた営業を行う職務
業務パートナー障がいのある方を対象とした職種で、本社、全国の各支社営業部の事務業務を主に担当

有利になる資格

大樹生命をはじめとする保険会社に転職するにあたって、有利になる資格は次の通りです。

資格名有利になる理由
生命保険募集人生命保険を扱う上で必携の資格だから
ファイナンシャル・プランナー個人営業を行う上で必要な知識を会得出来るから
証券アナリスト資産運用業務で欠かせない知識が会得出来るから
アクチュアリー保険や年金を仕組みから理解できるようになるから
↑リンク先で各資格の勉強法や活用法に関する記事をチェックできます。

転職した人の評判

信頼関係を築いてお客様に保険を任せていただいた時はやはり嬉しいです。金額の大小にかかわらず、お客様の生活に関わる喜びと責任感を同時に感じることができ、やりがいを感じます。個人営業が好きな方は向いています。

社内に女性社員がとても多いので、産休や育休はもちろん、職場復帰等仕事と家庭を両立させることへの理解があります。仕組上、15時には退勤できるので家事やお迎え等も無理なくできるが、その分結果も同時に出さないといけないので、簡単ではないと思います。メリハリつけて効率よく働きたい人におすすめです。

ワークライフバランスについては、本部社員か営業員かで大きく異なります。営業員はお客様の都合に合わせることが多いので、土日出勤や夜間対応も多くなります。一方本社社員は有給はいつでも取得できますし、残業も繁忙期以外ほとんどありません。

まとめ

ここまで大樹生命の業務内容・強みと弱み・平均年収などをお伝えしました。

大樹生命への転職を考えている方、大樹生命から転職を考えている方は、【金融キャリアパス】がおすすめです。

金融業界出身のキャリアアドバイザーが、キャリア相談を承ります。

大樹生命のニュース

最後に、大樹生命に関する最新のニュースをお伝えします。

「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」への投資について

大樹生命保険株式会社は、この度、米州開発銀行が発行する豪ドル建サステナブル・ディベロップメント・ボンドへの投資を実施しました。IDBグループは、中南米・カリブ海加盟諸国における貧困と不平等の削減、そして地域の持続可能な成長の実現を目指しています。また、IDBグループはこの目標実現のために6つの戦略的優先分野を定めており、本債券への投資はその一つである「気候変動と環境の持続可能性」に関連する取組みを支援するものです。

引用元:大樹生命(2022年9月9日)

2022年度日本高校ダンス部選手権への協賛

大樹生命保険株式会社は、全国各地のスポーツ振興および青少年の健全育成を目的として、一般社団法人ストリートダンス協会ならびに株式会社産業経済新聞社、株式会社フジテレビジョンが主催する「2022年度日本高校ダンス部選手権」に協賛しますのでお知らせします。

引用元:大樹生命(2022年6月30日)

スポンサーシップ契約の締結について

大樹生命保険株式会社は、「仙台うみの杜水族館」を運営する仙台水族館開発株式会社とスポンサーシップ契約を締結しましたので、お知らせします。当社の「仙台うみの杜水族館」へのスポンサーシップは、2015年7月1日の水族館オープン時より開始し、今年で8年目になります。スペシャルファウンディングスポンサーとして、同水族館内の「アメリカエリア」を引き続きサポートしてまいります。

引用元:大樹生命(2022年6月30日)
  • 執筆者
  • 執筆者のプロフィール
MY OPTION編集部

資産×キャリア形成メディア「MY OPTION」編集部です。 大手証券会社、総合商社、メガバンク出身者などで構成されています。

  1. 【最新版】メタルワンの事業内容・強みと弱み・平均年収を解説

  2. 広告マン(電通・博報堂)がモテる3つの理由と合コン事情を解説

  3. 【FP解説】変額保険は何歳まで加入するべき?老後資金が準備できるのか?

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

PAGE TOP