資産×キャリア×恋愛の選択肢を広げるメディア

専門商社

【最新版】岡谷鋼機の事業内容・強みと弱み・平均年収を解説

この記事では、岡谷鋼機の事業内容・強みと弱み・平均年収をお伝えしています。

岡谷鋼機とは

岡谷鋼機は、名古屋市の栄に本社を置く、鉄鋼、機械などを扱う独立系の専門商社です。

会社名岡谷鋼機株式会社
代表者岡谷 健広(取締役社長)
所在地愛知県名古屋市中区栄二丁目4番18号
社員数678名 (2022年2月期)
会社HPhttps://www.okaya.co.jp/

岡谷鋼機の事業内容

岡谷鋼機の事業内容を見ていきましょう。

【岡谷鋼機の事業内容】

  • 鉄鋼事業
  • 情報・電気事業
  • 産業資材事業
  • 生活産業事業

それぞれ詳しくみていきます。

鉄鋼事業

鉄鋼事業では、鉄鋼、特殊鋼を国内外に販売するほか、三国間取引や国内外のグループ会社による加工も行います。

大手鉄鋼メーカーからの安定供給と、グローバルネットワークを活用したスムーズな加工流通ネットワークにより、きめ細かなサービスを提供しています。

出典:岡谷鋼機|報告書2022

情報・電機事業

情報・電機事業は、電子材料を主に取り扱っている非鉄金属部門と、半導体、電子・電気機器向けの部品やFA機器を中心に取り扱っているエレクトロニクス部門で構成されています。

非鉄金属部門では、銅・亜鉛・アルミ・ニッケル等鉄以外のさまざまな金属と、最先端技術に欠かせないレアアースなどの原料を扱っています。

エレクトロニクス部門では、社会インフラ、自動車、産業機器等の分野で使用される半導体、電機・電子部品などのハードウェアからソフトウェア開発を含めた総合的なビジネスをグローバルに展開しています。

出典:岡谷鋼機|報告書2022

産業資材事業

産業資材事業は、工作機械・切削工具を主に取り扱うメカトロ部門と、自動車部品用合成樹脂原料などを取り扱う化成品部門で構成されています。

メカトロ部門では、工作機械、産業機械、各種ロボット、自動化設備、機能部品、複合生産システムなどを扱っています。

化成品部門では、汎用樹脂から高機能樹脂(エンジニアリングプラスチック)に至るさまざまな樹脂原料や製品、成形品を取り扱っています。

出典:岡谷鋼機|報告書2022

生活産業事業

生活産業事業は、住宅設備機器や配管、マンションや各種建設資材を扱う配管建設部門、水産物・畜産物など食品の輸入を行なっている食品部門で構成されています。

出典:岡谷鋼機|報告書2022

また、商社の業務や業界についてより詳しく知りたい方は、下記の書籍がおすすめです。

商社業務と業界について、図解で分かりやすく説明されています。

岡谷鋼機の強み

次に、岡谷鋼機の強みと弱みを見ていきます。

強みから見ていきましょう。

古くからの顧客基盤

岡谷綱機の強みとして、古くからの顧客基盤が挙げられます。

1669年発祥でかなり歴史があるため、古くから付き合いが続いている取引先が数多くいます。

名古屋を基盤とする大手企業の多くは取引先であるため、中部圏のネットワークを活かした営業ができる点は強みと言えるでしょう。

海外のネットワーク

海外のネットワークの岡谷綱機の強みと言えます。

現在では世界22ヶ国に現地法人、支店・事務所、関係会社を設立するほど海外展開に積極的です。

近年ではベトナム、インドネシア、ブラジル、メキシコへ現地法人、オランダ、マレーシア、シリコンバレー、イスラエルに事務所を設立するなど、グローバルネットワークを拡大しています。

岡谷鋼機の弱み

景気変動の影響を強く受ける

岡谷綱機の弱みとして、景気の変動を強く受けることが挙げられます。

機械分野を強みとしているため、企業の設備投資ニーズと連動して売上高が変動しますが、コロナウィルスにより業績がやや悪化している印象です。

出典:岡谷鋼機|Fact Book 2022

景気の影響を受けにくい商材を増やしていくことが要求されます。

新規事業への消極性

新規事業への消極性も岡谷鋼機の弱みと言えます。スピード感がやや遅いと言い換えられるでしょう。

独立系のオーナー企業でありながら、経営判断はかなり保守的で斬新な試みは控える傾向にあります。

その証拠に、新規事業の設立、異業種との業務提携等の話は他の大手専門商社と比較してもあまりない印象です。

変化の激しい現代では、柔軟でスピード感のある経営判断が必要となってくるでしょう。

岡谷鋼機の平均年収

次に、岡谷鋼機の平均年収についてみていきます。

今回は岡谷鋼機が公表している有価証券報告書と、口コミサイトに記載されている平均年収を参考にしています。

有価証券報告書でみる平均年収

岡谷鋼機が公表している有価証券報告書に平均年収の記載があります。

【岡谷鋼機の平均年収(有報)】

  • 平均年収:8,274,000円
  • 平均勤続年数:13.5年
  • 平均年齢:39.0歳

引用元:岡谷鋼機|有価証券報告書2022

有価証券報告書によると、岡谷鋼機の年収は827万円であることが分かります。さすが大手専門商社、かなり高水準ですね。

口コミサイトでみる平均年収

次に、口コミサイトのOpenWorkで岡谷鋼機の平均年収をみてみましょう。

【岡谷鋼機の平均年収(口コミ)】

回答者の平均年収:696万円

引用元:OpenWork(2022年10月11日)

有報の年収より低いですが、回答者の多くが若手や中堅であることを踏まえると、納得できる値だと思います。

年収・賞与について

商社業界の特徴だか給与⽔準は⾮常に⾼い。昇格試験はあるが落とすようなものではなく、管理職⼿前まではコンスタントに上がる。ただ、管理職昇格後は伸びは緩やかとなる。また給与や賞与が⾼い分、⼿当などは低く抑えられている。

総じて⽀給額は⾼⽔準。賞与は業績に⼤きく左右されず安定している点は良い。⼀⽅、評価に対するメリハリがなく、年功序列なので、頑張ってる⼈が報われるシステムでない。

社内等級制度があり、基本給は等級の上昇に沿って上がっていく。上がり幅は毎年1万強で、上昇ペースは同レベルの企業の中ではかなり早い⽅である。残業代の申請可能な上限は部⾨や上司でマチマチだが、30〜50Hが⽬安。

岡谷鋼機の新卒採用

岡谷鋼機の新卒採用事情についてみていきます。新卒で岡谷鋼機を目指す学生はご活用ください。

募集職種

総合職国内外にわたる商社活動分野における基幹的業務を主に担当し、かつ将来にわたり、国内、海外の各事業所において勤務することが予定されます。
事務系契約社員事務的・補助的業務を担当し、営業部門又は管理部門のいずれかで事務を行います。

採用フロー

【岡谷鋼機の採用フロー】

  1. エントリー
  2. 会社説明会
  3. ES提出
  4. 適性検査
  5. グループディスカッション
  6. 面接(複数回)
  7. 役員面接
  8. 内々定

初任給・福利厚生

【岡谷鋼機の初任給】

  • 総合職→院卒:252,500円、大卒:242,500円
  • 事務職(契約社員)→学部卒・院卒:216,500円、短大卒:201,500円
生活関連制度社宅制度、独身寮、食費補助
休暇関連制度年次有給休暇、リフレッシュ休暇、出産・育児休暇
資産関連制度退職一時金制度、財形貯蓄制度

岡谷鋼機への転職

次に、岡谷鋼機への転職を目指す方に向けて、同社のキャリア採用情報をお伝えします。

中途採用での募集職種

岡谷鋼機はホームページ上で中途採用を募集しています。

岡谷鋼機|中途採用

岡谷鋼機をはじめとする専門商社への転職に興味のある方は、商社に強い転職サービスを活用すると良いでしょう。

有利になる資格

岡谷鋼機へ転職するにあたって有利になる資格は次の通りです。

資格名有利になる理由とおすすめの記事
TOEICビジネス英語力を証明できるため
TOEFL総合的な英語力を証明できるため
ビジネス実務法務検定業務上必要な法律知識を証明できるため
→ビジネス実務法務検定は意味ない?取得するメリットや転職に役立つかを解説
→【独学】ビジネス実務法務検定2級のおすすめのテキストと問題集
中小企業診断士幅広いビジネス知識を証明できるため
証券アナリスト事業投資に役立つ知識を証明できるため
→【最新版】証券アナリスト資格の試験概要・難易度・勉強時間を解説
→【合格者談】証券アナリストは意味ない?おすすめできる人・できない人を解説
↑リンク先で各資格の勉強法や活用法に関する記事をチェックできます。

転職した人の評判

若手の時期から海外研修に行けるので、グローバルビジネスマンになりたい方には向いています。若手でも仕入先や役員と取引できるので、キャリア開発の機会には恵まれていると思います。

産休・育休の制度は整っているので、女性でも働きやすいと思います。
一方で総合職の女性は飲み会が多く、男社会の中戦うのはなかなかきつい印象がありますね。

スピード感がない社風です。トレーディングビジネスから脱却できていないため、薄利多売のビジネスになってしまっています。上層部も変化を起こそうという気概はなさそうなので、今後が心配ですね。

まとめ

この記事では岡谷鋼機の事業内容・強みと弱みなどを解説しました。

鉄鋼事業に強みを持つ岡谷鋼機は、商社キャリアを積み上げるのにとても良い環境です。

専門商社への転職を目指す方、専門商社から転職をしたい方は、「リクルートダイレクトスカウト」がおすすめです。

商社の求人数、転職サポートが充実しています。

岡谷鋼機のニュース

最後に、岡谷鋼機に関する直近のニュースをお伝えします。

デトロイト事務所開設について

当社子会社の米国岡谷鋼機会社は、デトロイト事務所を開設しますので、お知らせいたします。自動車業界を取り巻く環境が大きく変化する中で、デトロイトに事務所を開設し、北米全域での取引拡大を目指します。

引用元:岡谷鋼機(2022年9月29日)

投資単位の引下げに関する考え方および方針等について

当社は、投資単位の引下げが、より多くの投資家の皆様の参加を促し、株式の流動性を高めるための有効な施策のひとつであるとは認識しております。投資単位の引下げにつきましては、今後の株式市場の動向、市場の要請等を総合的に勘案し、慎重に検討してまいります。

引用元:岡谷鋼機(2022年5月26日)

「健康経営優良法人 2022」認定について

当社は、日本健康会議より「健康経営優良法人2022(大規模法人部門)」に認定されましたのでお知らせいたします。健康経営優良法人の認定は2年連続となります。この認定制度は、近年重要度が高まっている「健康経営」について、従業員の健康管理を経営的な視点でとらえ戦略的に取り組んでいる法人を社会的に評価するものです。

引用元:岡谷鋼機(2022年3月31日)
  • 執筆者
  • 執筆者のプロフィール
MY OPTION編集部

資産×キャリア形成メディア「MY OPTION」編集部です。 大手証券会社、総合商社、メガバンク出身者などで構成されています。

  1. 【最新版】メタルワンの事業内容・強みと弱み・平均年収を解説

  2. 広告マン(電通・博報堂)がモテる3つの理由と合コン事情を解説

  3. 【FP解説】変額保険は何歳まで加入するべき?老後資金が準備できるのか?

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

PAGE TOP