資産×キャリア×恋愛の選択肢を広げるメディア

専門商社

【最新版】加藤産業の事業内容・強みと弱み・平均年収を解説

この記事では加藤産業の事業内容・強みと弱み・平均年収をお伝えしていきます。

加藤産業とは

加藤産業は、兵庫県西宮市松原町に本社を置く、酒類・食品の卸売を主要事業とする専門商社です。

会社名加藤産業株式会社
代表者加藤 和弥(代表取締役社長)
所在地兵庫県西宮市松原町9番20号
社員数1,123名(2022年9月)
会社HPhttp://www.katosangyo.co.jp/

加藤産業の事業内容

加藤産業の事業内容を見ていきましょう。

【加藤産業の事業内容】

  • リテールサポート事業
  • マーチャンダイジング事業
  • ロジスティクス事業
  • 商品開発事業
  • 海外事業

それぞれ詳しくみていきます。

リテールサポート事業

リテールサポート事業では、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの取引先に対して、新商品の提案、売場提案などを行います。

取引先の売上向上が加藤産業の売上向上につながるため、蓄積された商品情報や販売ノウハウをもとに、新たな付加価値を創造・提案していきます。

マーチャンダイジング事業

マーチャンダイジング事業では、取引先からの注文に応じてメーカーに商品を発注し、在庫を適切にコントロールしていきます。

季節、天候、イベント、営業サイドのマーケティング、販促状況などのデータに基づいて需要を予測するため、物流および営業的な知識・感度も求められます。

ロジスティクス事業

ロジスティクス事業では、コンビニエンスストア、ドラッグストアなどの小売店に、生活者が求める商品を売場に欠品させることがないよう物流業務全般を管理します。

物流業務の効率化、物流レベルの向上、安全・安心への取り組みなど物流全般についての管理や従業員への指導も行います。

商品開発事業

商品開発事業では、消費トレンドを先取りした商品開発の推進と、品質管理を行います。

食品卸売業という独自の視点から、消費者あるいは小売業者のニーズを反映し、味・品質・パッケージにまでこだわった商品を提供しています。

海外事業

海外事業では、中国・ベトナム・シンガポールのアジア各国において、既存得意先の物流・商流サポート、新規販売経路の開拓に取り組んでいます。

日本ならではの卸売ビジネスを輸出することで、無形文化遺産に登録された「和食」をはじめとする食文化の普及に貢献しています。

商社の業務や業界構造についてより深く知りたい方は、こちらの書籍がおすすめです。

図解で体系的に分かりやすく発信されています。

加藤産業の強み

次に、加藤産業の強みと弱みを見ていきます。

強みから見ていきましょう。

強固な顧客基盤

加藤産業の強みとして、強固な顧客基盤が挙げられます。

1945年という歴史から、加藤産業単体の得意先数は2,000社、取引メーカー数は4,000社を超えており、食品専門商社として強いプレゼンスを誇っています。

景気の影響を受けない

景気変動の影響を受けないことも、加藤産業の強みと言えます。

コロナウィルスの影響は微塵も関係ないのか、経常利益は年々増加しています。

景気に関係なく食品の需要は一定なので、食品商社として営業している同社の業績は、今後も安定すると言えます。

加藤産業の弱み

成長性の低さ

成長性の低さも、加藤産業の弱みです。

景気の影響を受けないことの裏返しになりますが、食品の需要は急増しないため、業績が急に良くなることはないでしょう。

成長性が低いことには留意が必要です。

利益率の低さ

利益率の低さも加藤産業の弱みと言えます。

先ほどのグラフを見ると、2020年9月期の経常利益率は1.20%ほどであり、かなり低い水準です。

業態と商材上、利益率が低いことが仕方ありませんが、食品以外にもアプローチするなどして利益率を改善する必要はあるでしょう。

加藤産業の平均年収

次に、加藤産業の平均年収についてみていきます。

今回は加藤産業が公表している有価証券報告書と、口コミサイトに記載されている平均年収を参考にしています。

有価証券報告書でみる平均年収

加藤産業が公表している有価証券報告書に平均年収の記載があります。

【加藤産業の平均年収(有報)】

  • 平均年収:6,641,553円
  • 平均勤続年数:15.42年
  • 平均年齢:40.64歳

引用元:加藤産業|有価証券報告書2022

有価証券報告書によると、加藤産業の年収は664万円であることが分かります。会社規模を考えるともっと高くても良い気はしますね。

口コミサイトでみる平均年収

次に、口コミサイトのOpenWorkで加藤産業の平均年収をみてみましょう。

【加藤産業の平均年収(口コミ)】

回答者の平均年収:457万円

引用元:OpenWork(2022年11月20日)

年収・賞与ついて

賞与は年に2回必ず出る。⼿取りで80万は超える。残業代は定時から15分ごとにしっかり出るので、不満はない。家賃補助は会社8割負担。⼀⼈暮らししている⼈からしたら、⾮常に助かっていると思う。

年2回の賞与(6⽉下旬と12⽉初旬で冬が若⼲多い)住宅⼿当は遠⽅の⼥性は借り上げで約8割会社負担、男性は寮または借り上げ。寮は家賃負担1万円なので、若いうちに貯⾦を貯めていくのは割と容易だと感じる。

賞与は仕事の成果というよりは役職に準ずるという感じで、仕事の成果が反映される形ではない。退職⾦制度はちゃんとあり、⻑年勤続すれば、まとまった退職⾦はもらえるため、仕事内容を求めず、安定志向の⽅はいいかも知れません。特に総務、経理部⾨はほぼ定時に帰れるため、おすすめできるかもしれません。

加藤産業の新卒採用

加藤産業の新卒採用事情についてみていきます。新卒で加藤産業を目指す学生はご活用ください。

募集職種

【総合職】
営業/セールスアシスタント/仕入/物流管理/物流企画/海外業務/情報システム/総務経理など

採用フロー

【加藤産業の採用フロー】

  1. 会社説明会
  2. ES提出
  3. 適性検査
  4. 面接(個別)
  5. 内々定

初任給・福利厚生

【加藤産業の初任給】

大卒:221,000円

生活関連制度社宅制度、独身寮、提携保養所施設
休暇関連制度年次有給休暇、リフレッシュ休暇、出産・育児休暇
資産関連制度退職一時金制度、財形貯蓄制度、持株会制度

加藤産業に強い就活サービス

加藤産業をはじめとする商社を目指す学生におすすめの就活支援サービスは【dodaキャンパス】【OfferBox】【ビズリーチキャンパス】です。

dodaキャンパス・人気企業から早期インターンや採用オファーが届く
オファー受信率97%で内定獲得率UP
OfferBox・自己分析を通して93%以上の学生オファーが届く
・利用学生数22.7万人で利用率No1の実績
ビズリーチキャンパス・オンラインで効率的にOB/OGができる
・有名企業の社会人と面談できる

いずれも無料で登録も2分程度で完了します。複数サービスを活用して、効率的に就活を進めると良いでしょう。

加藤産業への転職情報

次に、加藤産業への転職を目指す方に向けて、同社のキャリア採用情報をお伝えします。

中途採用での募集職種

2022年11月時点において、加藤産業は公式HP上で中途採用を募集していません。

しかし、転職エージェントを通じて通年でさまざまな職種を募集していますので、商社に強い転職エージェントを活用すると良いでしょう。

有利になる資格

加藤産業へ転職するにあたって有利になる資格は次の通りです。

資格名有利になる理由とおすすめの記事
TOEICビジネス英語力を証明できるため
TOEFL総合的な英語力を証明できるため
日商簿記財務諸表を見る知識を証明できるため
→【最新版】日商簿記の合格率・難易度とは?メリット・デメリットも解説
ビジネス実務法務検定業務上必要な法律知識を証明できるため
→ビジネス実務法務検定は意味ない?取得するメリットや転職に役立つかを解説
→【独学】ビジネス実務法務検定2級のおすすめのテキストと問題集
中小企業診断士幅広いビジネス知識を証明できるため
貿易実務検定トレーディングビジネスに必要な知識を証明できるため
証券アナリスト事業投資に役立つ知識を証明できるため
→【最新版】証券アナリスト資格の試験概要・難易度・勉強時間を解説
→【合格者談】証券アナリストは意味ない?おすすめできる人・できない人を解説

コスパ最強の通信講座【スタディング

圧倒的実績を誇る資格学校【TAC

転職した人の評判

新入社員でも先輩と同じような仕事ができるため、成長できる環境は整っています。しかし、部署によっては指導を受けることなく放り投げられるところもあると聞くので、配属ガチャはありますね(笑)

女性の営業職はほとんどいませんが、マーケティングやサポートでは女性は数多くいます。基本的には男性社会ですが、女性でも評価を受ければ昇進できるので、結論自分次第と言えますね。

概ね残業時間は20〜40時間ほどありますが、プライベートとの両立は十分可能です。有給や連続休暇を積極的にとるよう言われるので、嫌でも休みをとることになります。

加藤産業に強い転職サービス

加藤産業をはじめとする商社への転職に興味のある方は、次の転職サービスをおすすめします。

サービス名おすすめの理由
リクルートダイレクトスカウト・商社の求人数が業界最多
・商社業界に強い転職支援サービスが充実
マイナビエージェント・20〜30代向けの書類準備から面接対策を総合サポート
・商社業界に精通したキャリアアドバイザーが担当
コトラ・商社業界出身者が総合サポート
・IT、コンサル、金融などキャリアチェンジの求人数が豊富

まとめ

ここまで加藤産業の業務内容・強みと弱み・平均年収などをお伝えしました。

加藤産業をはじめとする商社への転職に興味のある方は、【リクルートダイレクトスカウト】がおすすめです。

商社業界の求人数、商社業界志望者向けの転職サポートが充実しています。

加藤産業のニュース

最後に、加藤産業に関する直近のニュースをまとめておりますのでご参考ください。

人気動画メディア 「TASTEMADE」 とのコラボ

加藤産業株式会社は、ライフスタイル動画メディア「TASTEMADE(テイストメイド)」を運営する Tastemade Japan 株式会社との共同プロジェクトとして、当社の「手造りジャム」を使用したダッチベイビーのレシピ動画を、4月20日のジャムの日に合わせて、2022年4月1日(金)12 時より当社及びTASTEMADEの公式SNSにて公開いたします。

引用元:加藤産業(2022年4月1日)

マレーシアにおける子会社の異動(地域統括会社設置)

当社は、本日開催の取締役会において、マレーシアに地域統括会社を設置することを目的に TBD CONSULTANT SDN.BHD. の株式を取得することを決議いたしましたので、お知らせいたします。

引用元:加藤産業(2022年4月1日)

ベトナム卸売企業の買収に関するお知らせ

当社は、2021年4月2日付「ベトナム卸売企業の買収に関するお知らせ」にて、ベトナム社会主義共和国に本社を置く Song Ma Retail Joint Stock Companyの株式を取得することを内容とする株式譲渡契約の締結についてご案内をしておりましたが、同社の株式取得が完了いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

引用元:加藤産業(2021年7月1日)
  • 執筆者
  • 執筆者のプロフィール
MY OPTION編集部

資産×キャリア形成メディア「MY OPTION」編集部です。 大手証券会社、総合商社、メガバンク出身者などで構成されています。

  1. 【最新版】メタルワンの事業内容・強みと弱み・平均年収を解説

  2. 広告マン(電通・博報堂)がモテる3つの理由と合コン事情を解説

  3. 【FP解説】変額保険は何歳まで加入するべき?老後資金が準備できるのか?

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

PAGE TOP